モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【初心者にも優しい 】服ミニマリストという生き方はどうでしょうか

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20180922040534j:plain

毎日着る洋服を選ぶの、めんどうだと思いませんか?

10代や20代の頃はまだよかったんです。

上下の組み合わせや小物をどう使うかなど考えたり、それなりに楽しむ余裕がありました。


でも、子供が出来てからその心境も徐々に変化し、30半ばを過ぎてからは完全に面倒に・・・。


そこで私なりにいろいろ考えた結果、

洋服の「色」の要素を捨てると楽チンだぞ

という結論に到りました。


つまり、服選びの選択基準は白や黒。

そんな「脱カラー」な生き方、「服ミニマリスト」についてご紹介します!



服選びにおける「色」や「柄」は最初のフィルターである

f:id:lambdaty:20180922041815j:plain

洋服を買いに行く時に一番最初に確認するのは何でしょうか。

「色」や「柄」ですよね


「色」が”あなたの好み”というフィルターを通過して始めて、素材やサイズ、プライスの確認に入れるわけです。


つまり

【服選びの工程】
色(柄) → 素材/デザイン → サイズ → プライス

こんな感じです。

「色」や「柄」は服を選ぶ時に一番悩むポイント

f:id:lambdaty:20180922040556j:plain

じつは、服選びの工程で「色」や「柄」の箇所が一番悩むポイントなんですよね。

なぜなら、ここでほぼほぼ服の全体イメージが決まってしまうからです。


また、あなたが持っている服に組み合わせた場合、新たに「相性」という問題も生じます。

試着をしてみて「今履いているズボン(あるいはスカート)とはなんかあわないな」と感じるアレですね。


とまぁ、これはあくまで単色の話。

柄があるとなると、流行や自分の顔映りはどうかなど、さらに悩みのバラエティーは増えていくことになります。

だったら色の要素なんて捨ててしまえばいいじゃんという発想

f:id:lambdaty:20180922040607j:plain
そんな悩ましい「色(柄)」

もういっそのこと、このパートをバッサリ捨てちゃわない?というのが今回の主旨です。


色の4つの属性のうち3つ、「色味」「彩度」「トーン」の完全放棄です(のこりの1つ、「明度」は若干残ります)。


この4つの属性を捨てると、選択肢は「白」「灰」「黒」のみ。

でも「全身白」はさすがにちょっとキツイ


なので、服ミニマリスト的スタイルは「全身黒」「灰+黒」が基本となります。

服ミニマリスト的スタイル①:服を買う時間が劇的に短縮

f:id:lambdaty:20180922041730j:plain

服ミニマリストが受ける恩恵として、まず「服を買う時間が劇的に短縮される」ことが上げられます。


先ほどの服選びの例で考えてみましょう。

あなたがお店で買う服の色は予め「黒単色」で固定されていますので、服選びの実質要素は「サイズ/デザイン」「プライス」のみになります。

予算にあったものを試着してみて、体にフィットしていたら服えらびは終わり。


これ、むちゃくちゃ楽です!


また、どこのブランドのものでも大体同じ雰囲気なので。服選びはユニクロか無印良品で完全に事足りるようになります。

「どこで服を買うか」という選択肢すらも削減できるのがよいところですよね。

服ミニマリスト的スタイル②:日々の着替えがむちゃくちゃ楽

f:id:lambdaty:20180922042118j:plain

また、服ミニマリストは必然的に上下が黒になるので、組み合わせについて思い煩うことがありません。

黒のトップスと黒のボトムスなんて合うにきまっているのですから。

朝の着替えも3分とかかりません!

せいぜい昨日着たものを今日も着るかどうかを考えるぐらいです。


服の総量も、シーズンごとにトップス3つ、オールシーズンとしてボトムス2つあれば十分事足ります。

結果として服自体も減ってきますし、「新しい服が欲しい」という欲求もかなり減ってきます。

服ミニマリスト的スタイル③:ダサさの極地は確実に回避できる

f:id:lambdaty:20180922040629j:plain

全身真っ黒がオシャレかというと、残念ながらかならずしもそうとはいえません。

どちらかというと「最低限のダサさは回避できる」ぐらいに考えたほうがよいです。


見た目のブランドがわかりにくくなるので、いかにも安物を身に着けているような雰囲気は消えます。


また、あなたが体を鍛えている場合、黒によってあなた自身のフォルムが引き立てられるという恩恵もあるでしょう。

昔から「黒は人間を一番美しく見せる色」といわれているのはまさにその通りだと思います。

まずは「服ミニマリスト見習い」から始めてみるのも手です

f:id:lambdaty:20180922041856j:plain

慣れればどうってことはないのですが、あなたは「全身黒」に抵抗を覚えるかもしれません。

わかります、私も最初はそうでした

いきなり「全身黒」に舵を着る前に「色のチョイスを黒・白・グレーに固定」することから始めてみるとよいでしょう。


これらは「色相」や「彩度」という要素がありませんので、服選びも楽になりますし、どんな服でもそれなりに合うというメリットがあります。

プラス、ちょっと気分を変えたい時用にボーダーを2着ぐらいもっていれば十分ではないかと思います。

服ミニマリストは「衣」を超越した存在である

f:id:lambdaty:20180922040644j:plain
服ミニマリストという生き方は、人間の生活の必須三大要素である「衣食住」の「衣」を超越した存在です。

一般的な「ミニマリスト」はどちらかというと「住」に紐付いているのですよね。


私はコレクター気質なので、居住空間については「マキシマリスト」的な要素を多く持っています。

それを無理やりミニマムな方向に買えるのはQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)を下げることになりかねません。


もしあなたが「色々捨てたいものがあるんだけど、何をどう整理したらいいかわからない」とお悩みなら、まず衣服から変えてみることをオススメします。

その結果、要らなくなった服やアクセサリーをメルカリに出せば懐にも優しくなりますしね。


洋服はあなたという存在を引き立てはしますが、所詮は額縁です。

服に悩む時間やお金を別のことにあてたほうが、きっと人生楽しくなりますよ!

以上、服ミニマリストという生き方の紹介でした!