モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

バランスボールならギムニクの「足付き」がオススメ!

ブロガーは座り作業が多いので、腰を痛めたりしやすいという話をよく聞きます。

そんな長時間の座り作業によって生じた身体の歪みを矯正してくれるツールが、バランスボールなんです。 

バランスボールを愛用されているご家庭は多いと思いますが、あれ、結構大きいですし球体なので、置き場所って結構悩むんですよね。 

ちょっとでも振動が加わると「コロコロコロ…」と転がっていきますから。 

でも、ネコロス家のバランスボールは一味違ってて、そういったことは一切ござんせん

なぜかというと・・・ 

足が生えてるからなのです!! 


 

足の生えているバランスボールはGYMNIC製

足付きバランスボールを生産しているのは、イタリアのGYMNIC(ギムニク)というメーカーです。

GYMNICの名を初めて聞いた方も多いかもしれませんが、約半世紀もの間、様々な分野にバランスボールを供給している老舗なんですよね。

GYMNIC製品はちょっと割高ではあるんですが、明らかに安いバランスボールとは素材感が違います。

安物特有のペラペラ感がないので、安心して重量をかけられるんですよ。

このGYMNIC製のバランスボールがネコロス家には2つあり、1つは大サイズで6本、もう1つは小サイズで4本足が生えてます。 

f:id:lambdaty:20181102140015j:plain
(ひっくり返した図。上が6本足、下が4本足)

この「足」があるおかげで、使っていない時にあらぬ方向へ転がっていくことがないんです。 

実際に使ってみたらめちゃくちゃ便利な「足」 

「足とかほんとに必要あるの?」って思うでしょ?

私もそう思って使い始めたところ、すぐに「こりゃ絶対いるわ」と実感しました。

球体が足で自立しているのってめちゃくちゃ便利なんですよ。 

例えば、掃除機をかけるときに床置のバランスボール動かすじゃないですか。 

そんなときに足があると”ピタッ”と固定されるんですよね。 

足がないと、基本的に転がっていきますから。 

掃除機は一例ですけど、日常の中でバランスボールを動かす頻度って思いのほか多いので、足は生えていたほうがいいです。 

ジオングの技術者は、足がついていないというシャアの指摘に対して「あんなの飾りです」と斬って捨てましたが、バランスボールの足は伊達じゃありません

 

足付きバランスボールは見た目もめちゃくちゃキュート

健康器具の本質からかけ離れた話なんですけどね。

バランスボールに足が生えると、妙に生物感があるんですよ。 

     \こんちゃ!!/
f:id:lambdaty:20181102135956j:plain

うちの息子は「たこちゃん」っていってるんですけど、まさにその通りのルックス。 

ちなみに妖怪好きの私なんかは「べとべとさん」に見えて仕方ありません。

タコでもなんでも愛称がつくのはよいことで、子供は特に面白がって座るようになりますね。 

バランスボールは健康器具というより健康家具

バランスボールはかれこれ3年ぐらい使ってますが、基本的には"座りたい時に座る"だけです。 

一応いろんな座り方があるみたいですが、面倒ですからやりません。

あくまで日常にとりこんで、バランスボールの上にのってTVを見たり、本を読んだりするだけです。

健康器具というよりは、健康家具と呼んだ方がよいかもしれません。 

そんなんで効果あるの?という話なのですが、私はもともと腰痛もちではないので、残念ながら何かの疾患が劇的に改善されたということはありません。

逆に「加齢が進んでもどこも悪くなってない」ことがひとつの効果かなと思います。

バランスボールはとにかく日常的に使おう

バランスボールも色んな使い方があると思いますが、エクササイズみたいに「義務化」すると続きません。

それよりも、居間に「ポン」とおいておいて、椅子代わりに座るほうが絶対長続きします。

テレビをみたいときはTVの前にバランスボールを動かして、TVを見ながら背骨を整える。

お子様は、ローテーブルで勉強をしながらバランスボールに乗る。

時にはスライムナイトの気分を味わうために乗ったっていいんです。

そんなことを考えると、やはりバランスボールはしっかりしたものを選んだほうが正解です。

あなたもGYMNICの足つきバランスボールで、日常的に身体メンテナンスをしませんか?


 

/ネコロス