モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

モンブランのボールペンがオススメな理由。30代になったら身につけて欲しい!

Sponsored Link

今、「投資」という言葉を様々な場面で耳にするようになりました。

株や仮想通貨に費用を投じるのも確かに投資ですが、私は「自分自身が高まることに費用を投じる」ことを投資といいたいのです。

特に生き方に覚悟を求められる30代。ぜひ身につけて欲しいのが、モンブランのボールペン

B001CD9BOK

モンブランのボールペンはあなた自身のランクを1つも2つも上げてくれる力があります。

これこそが「真の投資」だと思うんです!

 

モンブランは筆記具の最高峰

B015TGMBBU

あなたはモンブランのボールペンを所有したことありますか?

おそらく多くの人が「ない」というのではないかと思います。書くだけの用途なら100円ボールペンでも十分ですからね。

しかし、高級筆記具には「書く」以外の付加価値があると考えるべきです。

特にモンブランの価格の対価は、「ステータス」と断言します。

ジョン・F・ケネディやダイアナ妃など本物のセレブレティや、松本清張や三島由紀夫などの文豪が愛したモンブラン。歴史的な署名や、名作の執筆に使われてきたモンブランが、凡百の筆記具と同じのわけがないんですよ

もちろんモンブランはデザインも書き心地も最高です。しかしそんなのは数万円クラスの筆記具なら当然のことです。

「筆記具として高性能である」という次元をはるかに超越している筆記具の王、それが「モンブラン」なんです。

あなたがモンブランを持つべき理由

B001CD9BOK

もしあなたが何らかの分野で名を馳せたいのであれば、一流のものを知っておくべきです。

なぜなら、本当に一流のものは、あなた自身のレベルをグッと底上げしてくれるパワーがあるからです。

嘘のような話ですが、「白衣を着てテストを受けたら点数があがる」「ジョブズの写真を飾ってたらアイデアが湧く」という風に、人は所有しているものによって能力が増幅することが科学的に確認されているんです。

これを拡張自我かくちょうじがといいます。

超一流品を所有することで、一流のオーラが身につくというのは本当にあるんです。

とはいえども数百万円などの価格だと手が出ませんよね。

しかし、モンブランのボールペンなら手が出ます。仮に¥40,000のボールペンなら、5,000円の飲み会を8回我慢すればいいだけです。喫煙者なら、健康を考えてスパッと辞めたら半年ぐらいで元がとれますよ

ちょっとの欲望を我慢する代償として、一生モノの筆記具が手に入るなら、本当に安いもんだと思います。

モンブランで本当に人生が変わることもある

B071CHNPY6

モンブランのボールペンを使っている人は、私が知る限り、何がしかの覚悟や信念をもっている人です。実業家や企業の役員クラスに愛用者が多いというのも納得です。

私の知り合いに車の販売員がいるのですが、彼は30才になりたてかそこらぐらいの頃にモンブランのボールペンを買いました。

その理由は、契約をしてくれたお客さまが書類にサインする時に貸すため

曰く「お客様の人生に関わる重要な書類を書いていただくのに、100円ボールペンでよいわけがない」という哲学からです。

この考え、馬鹿げていると思いますか?確かに書くだけなら100円のジェルインクボールペンでも十分です。

でも、私はこのポリシーこそまさに「一流」に通ずるものだなと感心しました。

ちなみにその人は、めちゃめちゃ出世しすぎたので、現場になかなか立てなくなったことを今は嘆いています(笑)
モンブランのボールペンが、まさに愛用する人のポテンシャルを引き出した好例でしょう。

モンブランの代名詞、マイスターシュテュック

モンブランを最初に買うなら、メンテナンスがリフィル交換で済むという点からボールペンをすすめています。

そしてボールペンの中でも、1924年に発売されて現在まで根強いファンがいる「マイスターシュテック」をオススメしたいです。

B001CD9BOK

100年近く愛されてきたマイスターシュテックは、まるで日本刀のように洗練された美しさと緊張感があります。

モンブラン独自配合の樹脂で成形されたボディは、オニキスのような艶があり、スーツとも相性バツグン。

あなたのファーストモンブランに相応しいのは、名作中の名作「マイスターシュテック」以外になし、と断言します。

まとめ モンブランのボールペンは高いだけの”価値”がある!

f:id:lambdaty:20190414063802j:plain

今回、モンブランのステータスについて書き過ぎてしまったかもしれません。

実際のところモンブランのボールペンは筆記具としても優れており、手にすいつくような計算された重量と、独特の「ヌルリ」とした書き心地は唯一無二のものです。

しかし、そんなのは数万円も出す筆記具の世界では「当たり前」なんですよね。

むしろモンブランでしか得られない「価値」について、私なりに書いてみたつもりです。

余談ですが、私も若い頃にモンブランのボールペンを買い、そこから仕事のスタンスが大きく変わりました。

当時は派遣社員で貧乏だったため24回ローンで買ったのですが(苦笑)、その後に正社員として中途採用されることになったりと、人生が好転するきっかけになったのは間違いありません

もし、あなたが現在くすぶっているなら、モンブランのボールペンにはあなたの人生を変えるパワーがあると信じています。

マイスターシュテュック、あなたの生涯の相棒にしてみませんか?