モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

モンブランのボールペンはやはり最高!人生を変える書き味!

スポンサーリンク

物にあまりステータスを感じない私ですが、モンブランの筆記具だけは別格

モンブランのあの白いエンブレムが胸元から見えると「こやつ・・・出来るッ!」と思ってしまうのですね。

確かにモンブランのボールペンのお値段はそれなりにします。

でも、うん百万クラスの高級時計や高級車と違って、手が届くものなんですよね。

そして一生モノ・・・

本来の意味での「自己投資」ってこういうものを使いこなすことではないでしょうか。

生き方に覚悟を求められる30代こそ、もっとも身につけて欲しいのがモンブランのボールペンなんです!

B001CD9BOK


 

モンブランこそ高級筆記具の頂点である

B015TGMBBU

世界中に「高級筆記具」と呼ばれるブランドはたくさんあります。

しかし知名度やデザイン、書き味を総合的に考えると、モンブランこそ高級筆記具の頂点といわざるを得ません。


手元から見下ろすホワイトスター(モンブランのエンブレム)は、オーナーだけの特権です。

文字を書く度になんとも言えない充足感をもたらし、モチベーションを高めてくれるんですよ。

断言しますが、この感覚を得られる筆記具はモンブランだけです。

モンブランのボールペンは書き味も別格!

B00126TNOK

モンブランが優れているのはデザインだけではありません。筆記具の本懐でもある「書き味」においてもやはり絶品なのです。

モンブランのボールペンをもった瞬間に感じるのは、手に沈むこむようなほどよい重量。

疲れる重さではなく、「持っていたくなる重さ」なんです!

さらに紙の上「ヌルリ」と滑るような書き味は、モンブランのボールペンならでは。一度書いただけでも虜になります。

そこらのボールペンの書きやすさとは、雲泥どころか異次元レベルの差

「この書き味を知らずに人生を終えるのはもったいない」と本気で思うほど素晴らしいです。

モンブランのボールペンの価格帯は?

モンブランのボールペンの気になる価格帯ですが、3万円代から入手することが出来ます。

「やっぱり高いじゃん!!」と思った方も多いと思いますが、その価値を理解できれば決して高いものではないことがおわかりいただけると思います。


3万円や4万円の価格帯って、ちょうどゲーム機本体ぐらいの価格なんですよ。

プレステは6年ごとに新しいものが出ます。つまりゲームとしての寿命は6年ぐらいなんですが、モンブランのボールペンなら一生使うことが出来ます。

つまり同じ3万円という対価で手に入れるものでも、継続する価値の長さが違うんです。

私はよく「ビジネスパーソンが侍なら、筆記具は刀」といっているのですが、本気で毎日戦っていく覚悟をもつ人こそ手にとっていただきたいアイテムです。


モンブランで本当に人生が変わることもある

B071CHNPY6

モンブランのボールペンを使っている人は、何がしかの覚悟や信念をもっている人です。それを改めて実感するエピソードをご紹介したいと思います。

私の知り合いに車の販売員がいるのですが、その人にはある「こだわり」があります。

商談がまとまって契約書を書いてもらう際、お店からボールペンを借りますよね。たいていジェルインクのやつだったりしますが。

でもその人は、必ずモンブランのボールペンを手渡すようにしているんです。

いわく、「お客様の人生に関わる重要な書類を書いていただくのに、100円ボールペンでいいわけがない」という哲学があるから。

ちなみにその人は、めっちゃ出世しました!

モンブランのボールペンが、愛用する人のポテンシャルを引き出した好例だと思います。

マイスターシュテュックなら間違いない!プレゼントにも最高!

いざモンブランのボールペンを買おうと思っても、色々なモデルがある目移りしますよね。

私は、ホワイトスターがレジンで美しく映える「スターウォーカー」を選びましたが、初めての一本を選ぶなら、マイスターシュテュックの164断然がオススメです。

B001CD9BOK

画像からも伝わるかと思いますが、伝統的な美しさと研ぎ澄まされた緊張感があり、これぞモンブラン・オブ・モンブランというもの。


スターウォーカーの「イマドキ感」のあるデザインは20代でもアリと思いますが、30代を過ぎた方にこそ似合うのがマイスターシュテュックだと思ってます!

モンブランはインターネットで買っても大丈夫?

モンブランの入手方法ですが、やはりコピー品でないかは気になるところですよね。私個人は楽天もAmazonもどちらも利用し、本物であることを確認しています。

あくまで目安ですが、実店舗が存在する出品先であること、またはディスカウント率がほどほどなものを選ぶとよいと思います。

ちなみに、ディスカウントされているものの多くが、日本の正規店を経由していない「並行輸入品(個人で海外から取り寄せたもの)」です。ただし、いくら安くなっているといえども半値などはあり得ませんので、極端に安いものは疑うようにしましょう。

また、個人売買であるヤフオクやメルカリなどはA級コピーを掴まされる可能性も高いようです。

私なら「ある程度使いこんでいるような中古」を前提に、画像でホワイトスターの歪みやブランドロゴなどをある程度見ますが、これはまったくオススメ出来ません。

どうしても不安な方は、百貨店などに入っているモンブランの実店舗に足を運ばれるとよいかと思います。

まとめ モンブランのボールペンは高いだけの”価値”がある!

f:id:lambdaty:20190414063802j:plain

一般的に「モンブランは高い」という印象を持たれています。

しかし、3万円の対価で「書く」という基本動作のランクがあがるわけですし、セルフブランディングにもなるわけですから、むしろ「安い」と私は思います。

月5,000円の飲み会を半年我慢すれば手にはいるわけですからね。

余談ですが、「白衣を着るだけでIQがあがる」ことが科学的に証明されています。つまり形から入ることで、現実のほうが変わってしまうことって実際にあるんですよね。

そしてモンブランのボールペンにも、「あなたの本質を引き出す力」があるのは間違いありません。

マイスターシュテュック、あなたの人生の一本にいかがですか?