モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

本物のクロムハーツなのに! メリカリで出品を取り消された?!

f:id:lambdaty:20181206031548j:plain

メリカリって便利ですよね。

スマホでパシャリと写真を撮って、簡単な説明文を載せるだけで売ることができます。

私も衣類や雑貨を沢山出品させていただいたのですが、唯一売れないものがありました。

厳密には「出品を取り消された」アイテムです。

今日はそんなお話です。

出品を取り消されたクロムハーツ

メルカリ側から出品を取り消されたアイテム、それは「クロムハーツ」のペンダントです。

理由は「偽ブランド品の疑いあり」

(運営側からの削除通知↓)
f:id:lambdaty:20181206031612j:plain

再出品の際には「1)証明書」と「2)購入ルート」の提示が必要とのことですが、大変困りました。

なんせ10年前に買ったものなので、購入店舗は言えるにしても証明書(Maxfield @アメリカの正規店のレシート)なんてわざわざとっていなかったからです。


商品の詳細や購入経路などを詳しく書いて再度出品したのですが、やはり取り消されてしまいました。

あまり繰り返すとアカウント凍結が凍結されることも考えられるため、クロムハーツの出品は断念せざるをえませんでした

クロムハーツを出品する為にはギャランティかインボイスが必要

今回出品したクロムハーツは私が10年前ぐらいに正規店経由で買ったもので、間違いなく本物です。

「偽物の疑いあり」などといわれるのは甚だ心外と言わざるをえません。

しかし、メルカリ側の言い分もわかります。

銀製品は複製を取りやすく、ことクロムハーツについてはものすごい数のコピー品が出回っているからです。


クロムハーツを本物と証明するためには、インボイス(請求書みたいなもん)かギャランティ(証明書)が必要です。

もちろんこれらがあったとしても完全に本物と証明されるわけではありません。

しかし、メルカリ自体に真贋を見極める機能は当然ありませんので、インボイスやギャランティ以外に他に証明する手立てがないんですね。

現物のみの出品となった場合、いかに本物と訴えたとしても「コピーの可能性あり」と判断されてしまいます。

そもそもクロムハーツのデザイナーすら騙されるコピー品

これは昔私が通っていたシルバーショップの店長から聞いた話です。

クロムハーツのデザイナーに偽物と本物を見せたところ、偽物のほうを「こっちが本物だ」と言ったそうなんです。

つまり、それぐらい偽物も精巧に出来ているということですよね(もしくは本物のほうが造りが悪い、という可能性も・・・(笑))。

クロムハーツ専門の買い取り店もあるようですが、真贋を見極める精度には限界もあると思います。

購入する側は「クロムハーツはそれだけリスクの高いブランド」ということは知っておくとよいですね。

クロムハーツを正規店以外で入手するときのヒント

クロムハーツをメルカリやヤフオク、あるいは質屋などで購入を検討する場合、私ならこの3点を見ます。


✓インボイスかギャランティーが付属している
✓極端な安売りではない
✓オーナーが愛用していたと思われる傷や凹みが多数ある


とくに3番目が重要と考えてます。

気持ちとしては「新品」に近いものが欲しいところではありますが、長年オーナーが愛用していたことが伺えることこそが何よりも本物の証明ではないかと思うんですよね。

とはいえども、あくまで自己判断の元での購入になる以上、リスクは常に存在します

「確実に本物が欲しい」のであれば、「信用」を担保に販売している実店舗から購入するのがベストです

メルカリのとった措置は妥当 しかし最低限でしかない

メルカリ利用者から「このクロム偽物じゃないの?」と嫌疑をかけられる可能性は考えてましたが、まさかメルカリ側から偽物と判定されるとは思ってませんでした。

コピー品の多いハイブランド製品であれば同様のことが起きるのだと思います。

出品する側からすると腹立たしいことではありますが、利用者を守るための最低限の措置ともいえますね。

私の場合は「クロムハーツを始めて手に入れた時の嬉しさ」をもう一度思いだして、売らずにずっと使い続けようと思いました(^^)


/ネコロス