/* あわせてよみたいの囲み */ /* 灰色の囲み */

モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

ジャングルモックの履き心地は別格!育児にも最適です

スポンサーリンク

MERRELL(メレル)のジャングルモックという靴ご存知でしょうか。

私は4年ぐらい愛用していますが、とにかく快適なんです。

その理由はこの3つ。

✓簡単に脱いだり履いたりできる
✓グリップに優れていて頑丈つくり
✓高いフィット感がある

 
私が子供と外出するときはほぼ無意識にこれを選んでます。

考えてみたら、この靴には子育ての様々なシチュエーションをサポートしてもらいました。

子育てで大変なパパ・ママにこそ、是非このシューズをオススメしたいと思います。
 

 

最大のポイント! 簡単に脱いだり履いたりできる

子供と外出するときに、靴を脱ぐ機会は割と多いです。

子供と遊べるキッズスペースに入るときや、外食で座敷に入る時などがその代表例ですよね。

いかにささっと靴を履いたり脱いだりして、子供をサポート出来るかが大事です。


また、買い物を兼ねたお出かけも多いので、帰りは大荷物を抱えていることもしばしばあります。

もしかしたら車の中で寝てしまったお子さまを抱えてることもあるかもしれません。

そんなときに玄関でスポッと靴が脱げるととても便利です。


ジャングルモックは、靴紐ではなくゴムで足首を締めてます。

なので、簡単に脱ぎ履きが出来るんです。

子供のズック靴と基本構造は同じようなものですが、ゴムの強度はしっかりしてますので、簡単にヘタることはありません。

アウトドアブーツの技術が凝縮! グリップに優れた頑丈なつくり

メレルはアウトドアやトレッキング用のブーツメーカーです。

そのノウハウはジャングルモックにもしっかり継承されており、堅牢な造りになってます。


グリップ力が高いソール(靴底)なので、ちょっとした山道や海岸など足場の悪いところもガンガンいけます。

お子さまと公園がガンガン遊ぶときもジャングルモックなら安心ですよ。

ただし、雨に濡れたマンホールの上はなぜか滑りやすいのでそこだけは注意が必要です。


特殊なソール形状で得られる高いフィット感

ジャングルモックはソールの形が特徴的ですが、これは単にデザイン性だけではなく実用性を兼ねてます。

足をグッと包むこむようなこのソールの形状により、足と靴の一体感が得られるんです。

イメージ的には「頑丈な足袋」を履いているようなイメージですね。


また、クッション性も高いので、スニーカーのように路面の衝撃が足の裏に直撃ということもありません。

しかも重量が見た目ほど重たくなく、片方の重量は350gと市販されているスニーカーと変わらないところもポイントです。

ジャングルモックは本当に子育てに最適な靴と思います

ジャングルモックは男性だけではなく女性のサイズも展開されており、様々なカラーや素材があります。

私はオーソドックスにピッグスキンを選びましたが、レザーといってもほぼメンテナンスフリー。

防水スプレーを数回かけた程度で、ガンガンはいてます。


ただしこのジャングルモック、正直おしゃれかというと微妙かもしれません(私は嫌いではないですが)。

でも、あまりにも履き心地が良くて楽なのでついついこれを履いてしまうんですよね。


革靴の重たさやスニーカーの紐の煩わしさから開放されると、お子さまとの外出も楽しくなります

ちょっとしたアウトドアなら十分カバーできますし、走り回るのもOKな本当に頼れる一足。


お子さまとの外出がおっくうだ・・・という方は、足元から見直してみてはいかがでしょうか?

子育てで忙しいあなたの靴選びの参考になれば幸いです!


追記:現在はエアー入のジャングルモックも出ているようですが、評価は賛否あるようです。
従来のジャングルモックがすでに完成された製品なので、お求めの際はこちらが良さそうです。

 


/ねころす