モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

校長先生のような椅子! だがそれがいい!(ロビーチェア/カリモク60)

f:id:lambdaty:20181226040928j:plain
インテリア好きな人にとって、もっとも力が入るのは「椅子」です。

興味ない人にとってはとことん興味ないジャンルの一つとは思いますが、インテリアにおける椅子ってバンドに例えると「ギター」、つまり花形なんですよね。

おおげさでもなんでもなく、椅子一つで、その部屋の雰囲気がガラリと変わります。


また、椅子は「自分のもっともプライベートな空間」の最小単位であり、特別なスペースでもあります。

座り心地のよい椅子は、お仕事で疲れているあなたの気力を満たしてくるまさに充電器。

なので、テーブルはニ○リとかイ○アのもので構いませんが、椅子だけは拘って欲しいなと思っています。


さて前置きが長くなりましたが、今回は私の大好きな椅子「ロビーチェア(カリモク60)」についてご紹介します!
 

 

校長室の椅子?! ど迫力だけどすわり心地抜群のロビーチェア

この椅子、見た目からしてすごくないですか?

なんだかとっても偉そうですよね。

一見校長室や企業の応接室にありそうなこの椅子は、カリモク60のロビーチェアです。

ちなににカリモク60(ロクマル)とはカリモク家具株式会社が1960年台から製造しているプロダクトに特化したブランドの名称。

ちょっとおしゃれな雑貨&インテリアを扱ってるお店が好んで置いている印象です(笑)


さてカリモク60の椅子はどれもレトロモダンな雰囲気をまとった素晴らしいデザインばかりですが、なかでもこれは傑作といえる椅子です。

古いんですけど、一周回って新鮮

お硬いイメージなんですが、座ってみると包み込むような安堵感を与えてくれる・・・そんな椅子なんですよ!!

素材は合皮で正解! その理由は・・・

このロビーチェアの素材は合皮です。

「えー、合皮かぁ・・・なんか安っぽいんじゃ?」と思う方もいるかと思います。

私も最初はそう思ってましたが、実は合皮の歴史も深いんです。

ミッドセンチュリーの家具を語る時に絶対に外すことのできない、かの「イームズ」も合皮を積極的に使っていたんですよね。

当時、合皮は「動物を殺さないで生産できる、高品位な革」として売り出されていた背景があるのです。

そういう背景を知ると、1960年台から製造しているこのロビーチェアに合皮というのは当時の世相を反映している、とも言えるんです。


また、合皮はレザーと違ってメンテナンスはほぼ不要なのも大きな利点です。

レザーは一見ゴージャスですが、経年とともに変色やヘタリが生じますので(デザインによっては味ですが)、この手のカチッとした作りの椅子は合皮が正解。

レザーの椅子を状態よく保とうと思ったら結構大変なので、余程の革好きでないとまず無理だと思います。

座り心地は固め それにも理由がある!

このロビーチェア、座り心地は結構固めです。

自動車のシートに使われるモールドウレタンという堅牢な素材を、さらに硬めに調整して使用してるせいです。

なぜわざわざ硬くしているのか・・・それにもちゃんと理由があります。

座面の負荷を分散し身体への負担を軽減するためなんです。

高反発マットレスみたいなものですね。


だから、長時間座っていても疲れません。

応接室によく置いてあるのはそういう意味があったんですね。

なので、お店でちょっと座っただけではこの椅子の座り心地の良さを知ることは難しいかもしれません。


ロビーチェアの特徴はなんといっても抜群のホールド感と、長時間疲れない座り心地です。

どんなに会社で疲れてかえってきても、この椅子に座ると元気になれる充電器のような椅子ですよ!!

お家の中ぐらい王様椅子に座ろうよ!!

f:id:lambdaty:20181226052018j:plain

よく、権力や出世を「椅子」に例えるように、椅子は社会的なステータスを示すものでもあります。

ちょっとえらくならないと肘掛け椅子にすら座れないみたいなとこってありますよね。

でも、多少出世して部長になったぐらいではこんな偉そうな椅子に座ることできませんよ。


となると、家でこんな椅子に座らない限り、下手すれば一生座る機会はないかもしれません。

あなたに普段偉そうにしている上司ですら座ったことのないグレードの椅子に座るって、ちょっと痛快ではないでしょうか?


足掛け用のオットマンがあれば、足を伸ばしてくつろげるだけでなく、来客が来ても対応できるのでオススメです(その際は自分がオットマンに座るようにしないと嫌われますので注意)。

お気に入りの椅子はあなただけの最強のパワースポットです

いかがでしたか。

見た目のインパクトが凄いこのロビーチェアですが、お部屋の中でも主張はやっぱり強いです(笑)。

でもスペシャル感がありますので、普段頑張っているあなたを癒やす最高のパワースポットになることは間違いありません。


ロビーチェアにはベルベットのような素材で貼られているものもありますが、私は断然黒をオススメします。

黒のほうが偉そうで強そうだからです(笑)

この椅子に座って好きな映画を見る休日は最高です。

ちょっとでも気になっているあなたには、自信をもってオススメできます!

 


《こちらの記事もオススメ!》

www.azanael.net

www.azanael.net