/* あわせてよみたいの囲み */ /* 灰色の囲み */

モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

レジリエンスを高めるのは「失敗体験を拾いにいく姿勢」だった!

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20181229054302j:plain
辛いことがあったときに、すぐに立ち直れる人とそうでない人がいます。

その違いを表すことばが「レジリエンス(復元力)」です。


さて、レジリエンスとはどんなことを指す言葉なのでしょうか?

ペンシルベニア大学のカレン・ライビッチ博士は、レジリエンスを「逆境やストレスに適応出来る力とプロセス」と定義しています。

レジリエンスが高い人は逆境やプレッシャー、ストレスに強く、逆にレジリエンスが低い人ほど、疲れやすかったり心が折れやすかったりするんです。


出来ることなら、すこしでもレジリエンスを高めたいですよね。

今回のそのためのヒントをご紹介します。

あえて失敗体験を積み重ねる

f:id:lambdaty:20181229071422j:plain

「成功体験」「失敗体験」では得られる経験値が異なります。

成功体験で得られるものは「成果」そのものですが、失敗体験で得られるものはなんでしょうか?


答えは「逆境耐性を上げる為の経験値」です。


失敗をすると、心へのダメージを受けますよね。

「なんで自分は失敗したんだろう」「なんで自分は出来ないんだろう・・・」

それは辛いものでもありますが、そのダメージこそが「経験値」なんです。

失敗はマイナスではなくて確実にプラスなんです。


世の中で何かを成し遂げた成功者やアスリートは、大きな成功に至るまえにたくさんの失敗を重ねています。

たくさんの失敗を重ねることで、どんな失敗にも負けない「逆境耐性」を身につけており、例外はありません。


私たちは「できるだけ失敗の数は少なく、成功したい」と考えがちですが、ちょっと考えると安易に成功できることのほうが世の中少ないことがわかります。

失敗経験を積むことでしか心の逆境耐性は上がりませんので、失敗体験をポジティブなものと受け止め、目標に向かって攻める姿勢が大事なのは言うまでもありません。

高い視点から「凹むに値するか」を考える

f:id:lambdaty:20181229070857j:plain
「失敗で心が強くなるのはわかるんだけど、やっぱり辛いよ・・・」

あなたのそんな気持ちはよくわかります。

ですが、あなたが失敗をするのは「何かに向かって行動をした」からですよね。

つまり目的があったからです。

その目的が一体何だったのかを思い出してみてください。


目的があなたにとって大事なものであり誰にも譲れないものであれば、どんな失敗も小さなものになるはずです

目線を「失敗」に合わせると大きなものに感じますが、本来あなたが立つべき目線から失敗を見るとごく小さなものであることがわかりますよ。

目的遂行に支障がでるなら他人に合わせることを止めよう

f:id:lambdaty:20181229071010j:plain
あなたとあなたが関わる全ての人の間では、常に大なり小なりの利害関係が発生しています。

あなたが相手を助けることで信頼関係が深まったり、「自分が困った時に助けてもらえる」可能性を上げるメリットはありますが、あまりそこにシフトするのも考えもの。


というのも、誰かを助けるために投じるエネルギーが大きすぎると、あなたが本来やるべきことに投じるエネルギーが枯渇してしまうからです。

目に見えないのでついつい忘れがちですが、あなたのもっている「エネルギー(気力)」、そして投じることのできる「時間」は有限です。

いつも誰かのペースに合わせてばかりで自分の目的が果たせないのは、毎月の保険料の支払いが多すぎて日常生活もままならない状況と同じ。

あなたにとって優先度の低いものと高いものをきちんと整理した上で、まず自分の本来やるべきことをしっかり向き合うことが不可欠です。

「心のゴミ」は紙に書き出して「物理的なゴミ」に変換!

f:id:lambdaty:20181229071112j:plain
辛いことや悲しいことは心のゴミ箱に一旦蓄積され、時間をかけて消化されていきます。

しかし、大きなゴミがドサッと入ると心がとても窮屈になってしまいますよね。

いわゆる緊急事態なのですが、そんな時に人は「吐き出して楽になりたい」と思うものです。


誰かに心情を聴いてもらったり共感してもらうことでも対処できますが、それが難しい場合は「紙に書き出す」ようにしてみましょう

紙に書き出すことは実に有効な手法で、「メンタルライティング」とも呼ばれています。

やり方は簡単で、自分の感情を自分の気持ちが落ち着くまで書くだけ。

時間は数分でも構いません。


心理学者J.W.ペネベイガー博士の実験で、感情を紙に書き出すことにより自分の感情をコントロール出来るようになったというデータもありますし、別の実験では「毎日日記を書くだけでポジティブな気持ちが高まった」というデータもあります。

紙に書き出すことで心の中のゴミを物理的なゴミに変換することは誰でも出来ますので、是非やってみてくださいね。

失敗体験をどんどん自分で拾いにいこう!

f:id:lambdaty:20181229071601j:plain
世の中「ハートが強い」と言われる人たちがいます。

一方、自分のことを自虐的に「豆腐メンタル」と呼んでいる人たちも少なくありませんよね。


どちらがいいとか悪いとかではありませんが、もしあなたがどうしても果たしたい目的や志があるのであれば、ハートはどんどん鍛えて強くしていったほうがよいです。

それにレジリエンスが高ければ、どんな環境でもタフに生きていくことが出来ますからね。


レジリエンスを高めるために最も重要なのは「自ら進んで失敗体験を拾いにいく姿勢」です。

失敗によって「何が得られるのか」をあなたは知ることが出来たのですから、あとは行動するだけですよ!


あなたがへこたれそうな時、この記事が少しでも役にたてば幸いです!



《あわせて読みたい!》
www.azanael.net