モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

トラックボールマウスはマジで手首楽!案外すぐ慣れるから使ったほうがいいよ

快適なマウスやキーボードは、PCを使ったお仕事には必要な投資です。

これ、ホント基本といいますか、仕事術の本なんか読むよりもまずやるべきです。

肩こりや指先の疲労、ひいては処理効率に直結してきますからね。


そんな信念の元、ガジェット周りは色々なものに手を出してきましたが、唯一食指が動かなかったのがトラックボールマウス

・・・なんかスゲー使いにくそうなんだもん。

でも、トラックボールの熱烈な愛用者っているんですよね実際。

しかもどいつもこいつも処理がめちゃくちゃ早い。

ちょっと気になって「俺もつかってみようかな」と思ったわけなんです。
 

 

真中のボールが特徴的! ケンジントン

「トラックボールマウス」で検索するとエレコムやLogicool、サンワサプライなどのメーカーが続々Hitします。


最初に気になったのはケンジントンという海外のメーカー。

真中にボールが付いているのがここの特徴ですね。

私の同僚も腱鞘炎がきっかけでこのマウスを使い始めていたようで、「かなり使いやすい」とのことでした。

ただ、手頃な価格帯のやつは有線というのがネック。


あともう一つの候補は「Logicool」です。

言わずとしれた周辺機器メーカーで、マウスやキーボードといえばここですよね。


迷った末、ワイヤレスかつ非中央ボールであることが決め手となり、LogicoolのSW-M570を買ってみることにしました。

衝撃! マウスを動かさないだけでこんなに疲労が違った!

トラックボールを使ってみた感想。

かなり楽です。

手首を動かすことなく、親指を転がすだけでカーソルが自在に画面の端から端までビューンと動きます。


私の使っていたマウスは同じくLogicoolのMX2000 で、マウスのスペックとしては高いほうなのですが、もうマウスとしての構造自体が違うんですよね。

自転車と原付きぐらい違います。

たった1日使ってみただけで、一般的なマウスの動作が地味に手首や肩にダメージを与えていたことがわかっちゃいました。


ちなみにSW-M570は充電式ではありません。

しかし単三形乾電池1本で最大18ヶ月可動すると公式にうたってますので、そこそこ使っても1年ぐらいは電池がもつんではないかなと思います。

トラックボールマウスは操作が難しい?

トラックボールマウスを買う時に一番気になったのは、操作感に慣れるかどうかでした。

でもご安心ください。

1時間もすればだいたい慣れますよ。


ピンポイントでカーソルを合わせるような操作だけはちょっとコツがいりますが、それをひっくるめても操作自体は楽になります。

手首の負担は当然ありませんし、トラックボールを回す指が痛くなるということも今のところありません。

ほんと、何でいままでトラックボールマウス使わなかったんだろ・・・と思うぐらい快適です。

トラックボールのデメリットは?

トラックボールにデメリットは感じてませんが、あえてあげるとすれば「次第にボールの動きが悪くなっていく」というところでしょうか。

レーザーマウスと違ってこれだけは避けられません。

とはいっても掃除すればいいだけなんですけどね。

昔のマウスを使っていた方にとってはちょっと懐かしい作業かもしれません。

f:id:lambdaty:20190105073200j:plain


それ以外のデメリットは特に思い当たりません。

後は「どうにもこうにもトラックボールに馴染めなかった!」ということになる可能性が0ではない、ぐらいでしょうかね。

メインのマウスMX2000がサブ機に転落!

そんなわけで試しに買ってみたトラックボールマウスのSW-M570ですが、なんと今ではメインマウスになってしまいました。

MX2000もとてもよいマウスなのですが、トラックボールマウスは場所を取らないのが魅力なんですよね。

作業デスクにPCを置いたらいっぱいいっぱいという方は本当にオススメします。


ちなみに、PCショップでデモ機に取り付けてあったエレコムのM-XPT1MRXBKも抜群のフィット感でした。

お値段が少し張りますが、本格的にトラックボールマウスに移行を検討されている方にはいいかもですね。