モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

衝撃! トラックボールマウスで手首への負担が激減!!

f:id:lambdaty:20190105073549j:plain

マウスやキーボードの充実は、PCを使ったお仕事には必要な投資です。

肩こりや指先の疲労、ひいては処理効率に直結してきますからね。

そういうわけでガジェット周りは割と色々なものに手を出しているのですが、いまさらながらトラックボールマウスの素晴らしさに気がついてしまいました

今日は自腹で買ってみたトラックボールマウスの感想を、ありのままにあなたにお伝えします!

マウス界の異端児 トラックボールマウス

少数派ながらも一定数の愛用者がいると思われるトラックボールマウス

以前からなんとなく気になる存在でした。

というのも、社内で処理能力が高いスタッフの何人かが愛用していたからです。

でも、なんとなく格好よくない(※私見です)し、たまに使わせて貰った時の制御不能な操作感(※慣れてないとカーソルが高速でどっかへ行ってしまう)からあまりよい印象をもってませんでした。


ですが、職場でトラックボール使っている人と話をして印象が変わりました。

その方は手首が腱鞘炎になったことをきっかけでトラックボールを使い始めたそうですが、「すこぶる楽だ」「もう手放せない」と大絶賛していたのです。

私は腱鞘炎持ちではありませんでしたが、PCを使った仕事である以上、同様のリスクは一定数抱えています。

なにより「未知の快適さ」に強く惹かれてしまいました。

衝撃! マウスを動かさないだけでこんなに疲労が違う!

すっかりトラックボールマウスを買う気になった私は、良さそうな機種を漁ってみることにしました(実はこの瞬間が一番楽しい)。

私と話をした方が愛用していたのは「ケンジントン」というメーカーのものでした。

名前すら聞いたことのなかったこのメーカー、調べてみると結構ユーザー評価が高いようです。

ボールが真ん中にあるというのが特徴的です。


かなり迷った末、今使っているマウスの形態に近いLogicoolのSW-M570を選びました。

使ってみた感想。

かなり楽です。

手首を動かすことなく、親指を転がすだけでカーソルが自在に画面の端から端までビューンと動きます。

たった1日使ってみただけで、一般的なマウスの動作が地味に手首や肩にダメージを与えていたことがわかりました…。


私の使っていたマウスはLogicoolのMX2000 で、マウスのスペックとしては高いほうなのですが、もうマウスとしての構造自体が違うんですよね。

例えるならロードバイクがMX2000、原付がトラックボールです。

足で漕ぐ必要がなく、ハンドルだけ動かしていればいい、という感じです。

トラックボールマウスは操作が難しい?

トラックボールマウスを買う時に一番気になったのは、操作感に慣れるかどうかでした。

未だに微妙な操作(ピンポイントでカーソルを合わせる)はぎこちないものの、1時間もすればだいたい慣れます


考えてみたら、いままでたくさんのゲーム機で遊んできたわけですが、それぞれコントローラーの形状が違うわけです。

でも、ちゃんと使いこなして私達はゲームを楽しんできました。

マウスはジャンルとしてイノベーティブなものが生まれにくいだけで、変った形状のマウスもゲームのコントローラーも同じ「使えば慣れる」なんです。


「自分も使えるかどうか不安」というあなたも、是非安心してくださいね!

トラックボールのデメリットは?

今のところトラックボールにデメリットは感じてませんが、あえてあげるとすれば「次第にボールの動きが悪くなっていく」というところでしょうか。

昔のマウスは全部底面のボールでカーソルを動かしていたため、よくホコリやゴミが詰まって動作が悪くなってましたが、それと同じですね。
f:id:lambdaty:20190105073200j:plain
(カパッと裏をあけて掃除するのが実は個人的に大好きでした)

レーザートラッキングマウスにはそれがありませんから、大きな違いの一つといえます。

対処としてはボールを外して掃除をしたり、円滑剤を塗ったりすることで解消されるようです。


また、「ボールを回す指だけに負荷がかからないか?」という懸念もあります。

10年以上ハードに使い続けていたら親指が筋肉質になった、という方のブログの記事は読みましたが、指に著しいダメージを受けたという口コミは特に見かけませんでした。

それよりも通常マウスによる腱鞘炎リスクのほうが高いので、肩や手首への負担減のメリットがそれを上回るのでしょう。

オススメのトラックボールマウスはこれ!

さて、トラックボールマウスにも色々な種類がありますが、オススメは「SW-M570/Logicool」です。

価格帯も4,000円前後と手を出しやすいですし、ワイヤレスというのも嬉しいですよね。

乾電池式という点が少し気になったのですが、約1年半持つということですので、予備の電池を1本ストックしておけば十分カバーできそうです。


そしてもう1つのオススメは「72337JP/ケンジントン」です。

こちらはコード付きなのですが、左右対称なデザインなので利き手を選びません。

また、リストレストが付属してますので、より手首に優しい設計になっています。

お値段も手頃で、Amazonで4000円前後で購入できるようです(※2019年1月時点)


PC作業で手首への負担が気になるという方や、PC作業スペースが広くない方にトラックボールマウスは全力でオススメします!


《あわせて読みたい!》

www.azanael.net

www.azanael.net