モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

ベアフットシューズのオススメはこれ!裸足感覚で歩いて脳力UP!

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20190113071718j:plain

日常でもっとも必要な脳機能である「ワーキングメモリ」を上げるためには、ベアフットランニングが良いそうです。

ベアフットランニングとは耳慣れない言葉だと思いますが、一言でいうと「裸足で走る」ということです。


私達が靴を選ぶ時は「クッション性がいかに高いか」を基準に考えがちですが、実は裸足で走ったり歩いたりすることで、こんなメリットが期待できるんです。

足の裏から神経系が刺激されワーキングメモリ向上
歩行時の姿勢がよくなる
足本来の機能を取り戻す

歩くだけで脳力UPするなら、試さない手はないですよね!


今日はベアフットランニングをサポートするシューズのお話です!


 

ベアフット(裸足)はなかなか勇気がいる

裸足で歩く、または走るだけのベアフットランに、必要なものは本来はありません。不必要な靴を脱ぐだけです。

しかし、外を裸足で歩くのってなかなかハードルが高いんですよね。

見た目も気になるし、ガラスの破片とか落ちていて怪我をしそうだし・・・


そんな人でも、気軽に「ベアフットラン」や「ベアフットウォーク」を楽しめるのが、超薄底の「ベアフットシューズ」というわけです。


ベアフットシューズが欲しい!でも少しお高い・・・!

あのDaiGoさんもベアフットランを実践されてるそうですが、ニコ動で紹介されていたのは、ビブラムのこのタイプでした。

B01MR746VH


ビブラムというのは、靴好きならお馴染みの頑丈な靴底のメーカーで、品質は折紙付き。

そのビブラム社が開発したこのベアフットシューズは、あしゆびが5つに別れていて、足袋のようにユニークな形状になっています。


「陸王」みたいでカッコいい!
でも、なかなかいいお値段するんだこれが・・・!


アンダー3000円のテスラのベアフットシューズ!

「ベアフットに興味あるなー、ちょっとやってみたいなー」というぐらいの方に、2万円近いプライスのビブラムは敷居が高いと思います。

そこでオススメなのがこれ、
テスラのベアフットシューズです。

B06XSSYPVX

アンダー3,000円のお手頃価格は、ベアフットを試してみたい人にぴったりです!

私も黒を一足もってます!

 

ベアフットシューズを履いてみた感想は・・・「裸足感覚の街歩き!」

B06XSSYPVX

ベアフットシューズを履いて最初に感じた感想は、歩くと足の裏がかなり疲れるということです。

ですが、確かに裸足に近い感覚なので、「街を裸足で歩いている」かのような不思議な感覚になりますね。

「今、自分がどこにいるか」という信号が足の裏からダイレクトに送られるので、「これは確かに脳にいいだろうな」と直感的に感じられます。


クセになりそうな履き心地ですよ!


ベアフットシューズには靴下をはいてもよいのですが、せっかくなので裸足のほうがほうがいいですね。

また、室内運動やジム用の靴としても最適ですよ。


ただし薄底なので、雨の日にはくとすぐ染み込むのでご注意!


ベアフットランニングではなくベアフットウォーキングで十分

健康のためなら裸足で走ったほうがいいのでしょうが、私がオススメするのは「ラン」ではなく「ウォーク」のほうです。


ワーキングメモリを鍛える目的であれば20分の早歩きで十分ですし、ベアフットシューズをはいて街歩きをするだけでも十分刺激が得られますよ。


それに「ベアフットランニング」を「たんなる裸足のランニング」と思っていると、思わぬ故障に繋がります。

着地の仕方一つとっても「母子球(足のうらの親指の付け根のゴロゴロしたとこ)での着地」などいくつか注意点があるんですね。

4583103050

もし「ラン」のほうに興味がある方は、一度専門書をお読みになった上で実践されることをオススメします。


ベアフットシューズまとめ

私はデザインが好きで無印のスニーカーをずっと愛用していたのですが、今ではテスラのシューズばかり履いています。

とても軽いですし、なにより「自分の足で歩いてる」感覚は唯一無二のもの。

マンホールの凹凸を足の裏で感じた時は衝撃的でした・・・!


1年半ぐらいテスラを履いてきて「そろそろビブラムにランクアップしてもいいかな・・・」とも思っていますが、普段履きにビブラムのデザインはちょっと抵抗あるんですよね。

むしろテスラを買い足すか悩み中です。

そんなベアフットシューズの魅力をあなたにも知っていただき、「裸足感覚の街歩き」を楽しんでいただけたら幸いです!