モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

オキシトシンにも副作用!?シャーデンフロイデに気をつけましょう

Sponsored Link

DaiGoさんがニコ生で「最近、謝罪系ニュースが増えているのは実はヤバイ」と言ってました。

人って他人の不幸によってメンタルが回復するらしく、そういったTV放送や動画が増えているのは、「謝罪系ニュースは視聴率が高い=メンタルヤバイ人が多い」みたいなことらしいんです。

確かに最近この手のニュース、増えている気がしますね。

私はそんなにみようとも思いませんけども(だって直接の被害受けてないことがほとんどですし)。

でも、Twitterで日々発生している「炎上」も実は同じ現象かもしれません。

今日はそんな現象が起こる心理的背景について考えてみたいと思います!

 

「メシウマ」の元となる感情 シャーデンフロイデ

f:id:lambdaty:20190115022655j:plain

あまりよい言葉ではないのですが「人の不幸は蜜の味」という言葉があります。

ネット上だと「メシウマ」と言われたりしますね。

この感情、専門的にはシャーデンフロイデと呼ばれています。

聞き慣れない響きの言葉だなぁと思ったらドイツ語だったんですね。

シャーデンフロイデ
 
自分が手を下すことなく他者が不幸、悲しみ、苦しみ、失敗に見舞われたと見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情。
ドイツ語で「他人の不幸(失敗)を喜ぶ気持ち」を意味する。
(Wikipediaより引用)

うん。

超絶イヤなやつ、って感じの感情ですよね。

でもこのシャーデンフロイデも人類にとってはちゃんと意味がある感情なんです。

人類繁栄の裏にはシャーデンフロイデありき?!

f:id:lambdaty:20190115023106j:plain

脳科学者の中野信子さんによれば、人類が爆発的な繁栄をするに至った要因の一つが共同体の形成だそうです。

ニンゲンは個々の戦闘能力が低いため、外敵とはまともに戦えません。

だからこそ寄り添い団結し、「共同体」を築きあげてきたというのですね。


その共同体を維持するためのコアとなるものが「秩序」でした。

ここが乱れると共同体は中から崩壊していきますので、何をおいても守らなければならなかったのです。

異分子に反撃されるリスクを超える快感「オキシトシン」

共同体にとって秩序を乱す人間が生じるのは由々しき自体です。

しかし、その人間を排除しようとするのは「反撃されるリスク」を伴います。

ボスザルに牙を向くものはたいてい腕っぷしの強いサルだったりしますし。


しかし、人間の脳は、そんな危険因子をも排除するようにプログラムされてました。

その鍵を握るのが「オキシトシン」というホルモンなんです。


オキシトシンは「幸せホルモン」という名前でも知られていますが、裏の顔は嫉妬を強めるホルモンでもあるんですね。

このオキシトシンがバッシングする快楽(メシウマ感)を高めることで、人は集団で異分子を排除し、結果としてここまで繁栄することができたと考えられてます。

被害を被っていないのにバッシングする理由 それは○○

f:id:lambdaty:20190115022821j:plain

人類の繁栄の裏にシャーデンフロイデ、ひいてはオキシトシンが関係していそうなのはわかりました。

しかし、私達が誰かをバッシングするとき、その多くは自分達が直接的被害を被っていないことがほとんどです。

なぜそういうことが起こるのでしょうか。


バッシングする人間は性格が歪んでいるから?

多少はそういう人もいるでしょうが、個人個人の性格が歪んでいるケースはそう多くないと思います。

というのも、人間の感情や感覚ってそこまで極端な幅はないからです。


ところで、オキシトシンの表の顔はなんでしたか? 

そう、「幸福ホルモン」ですよね。

「ストレス」によって幸せを感じられていない時にもまた、人はオキシトシンの快楽に安易に溺れてしまうんです。

そのトリガーが謝罪ニュースであり、炎上という現象に加担することというわけです。

シャーデンフロイデに乗っ取られないようにするために

f:id:lambdaty:20190115023442j:plain

さて、この事実を知ったところで、私たちはどうすればよいのでしょうか。

誰かのバッシングを止める? もちろん出来るならそれに越したことはありません。

まず私たちがやるべきことは、謝罪ニュースを見たくなったりバッシングに加わりたくなった時点で「あぁ、私ちょっとヤバイかも」と気づくことだと思います。

それは悪霊ならぬ「シャーデンフロイデ」に憑依されかかっているサインだからです。


シャーデンフロイデを追い払うためには、ストレスをうまくコントロールすることが大事です。

Twitterをやっていると(自分を含め)ついつい著名人やインフルエンサーに対して「それはいかがなものか」って言いたくなったりしますが、はっきり言ってどうでもいいことも多いんですよね。

それよりも「なぜその発言をしたくなったか」を自分に問いかけてみるほうが、よっぽど価値のあることかもしれません。


あなたの貴重な時間、シャーデンフロイデに好き勝手に使わせるのではなく、自分を高めることに1秒でも多く使ってくださいね!


《あわせて読みたい!

www.azanael.net

www.azanael.net