モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

公人のモラルを問う・丸山ほだか議員の私人への攻撃事案

f:id:lambdaty:20190316223811j:plain

今回の記事は本当に書きたくない。気分が悪い

当ブログは政治的なものを扱うものではない。

はっきりいって管轄外。

しかし、素通り出来ない、あまりにも下卑た発言を見てしまった。


オレが攻撃をうけたわけでもないが、義を見てせざるは勇なきなり。

だから今回記事にすることした。


これをご覧いただきたい。

f:id:lambdaty:20190316205743j:plain

ひだりまき
【左巻き】
1.
(うず・つる・ねじなどが)左に巻いていること。
2.
俗語
頭の働きが正常でないこと、その人。変わり者。


このツイートの主は、日本維新の会の丸山穂高議員だ。

議員バッチならぬ公式マークがついている彼のフォロワー数は、現時点で7.5万。


冒頭の丸山氏の発言もなかなかのものだから、ここに至る経緯は、はっきり言って気分が悪い。

そこには「強い立場にある人間が弱い人間をからかい、いびり倒す」という構図が明確にあったからだ。



ことの発端は、なうちゃん氏の以下ツイート。
 

 
維新・足立康史衆院議員が「国会議員の帰化情報を公開すべきだ」と発言しているそうです。
とても不愉快で嫌な主張です。在日の方には「差別されたくないなら帰化しろ」と要求し、
帰化しても「情報を公開しろ」と要求し、結局差別する。
人を人間性よりも出自で選別する社会は人を幸福にしないのです。
 

 
この発言に、丸山氏が噛み付いてきたことに端を発する。


f:id:lambdaty:20190316211250j:plain


私人であるなうちゃん氏に「この投稿は意味不明」と、いきなり敵意むき出しである。


あの・・・政治家同士でも引くけど、私人に対してこれって無くね?


この丸山氏の発言に対し、「日本の国籍を取得した時点で、日本人と同等の扱いをうけるべき」と反論をしたなうちゃん氏。

在日問題は正直複雑なのでオレの意見は控えるよ。でも、人として間違ってない意見じゃね?



しかし、その後の丸山氏のツイートは正直気分が悪くなるものだ。


f:id:lambdaty:20190316211309j:plain


一般人が「人間は平等であるべき」といっていることに対して、丸山氏は「判例上の政治家と一般人の違いを知っているか?」等とマウントを取ろうとしているのが伺える。

はっきりいって、そんなことどうでもよくね?

人が人に対して「どうあるべき」ということに対して、噛み付く筋合いはないはずだ。


それよりも、

そもそも議員さんが、一般人を小学生だのおっさんだの侮蔑していいのかよ

こっちのほうが遥かに問題であるように、オレは素直に感じた。


その後も「憲法上の公人の扱いは」云々と、一般人に対して執拗ともいえる講釈が続く。



f:id:lambdaty:20190316213055j:plain


悪いけど、あんたの文章のほうが要領を得てなくて読み辛ぇよ


そして、あげくのはてがこれである。

f:id:lambdaty:20190316213105j:plain


「呟くだけなら簡単」って、ツイッタランドで何を言ってるのこの人・・・

このツイートあたりから、なうちゃん氏もダメージが深くなってきたらしく、翌日、病院の待合室で休んでいるとツイート。

すると、「頑張れ」と執拗にリプライを送り続ける丸山氏。


f:id:lambdaty:20190316214931j:plain

f:id:lambdaty:20190316214951j:plain


一見エールを送ってるように見えるだろ?


f:id:lambdaty:20190316215251j:plain


あまりに粘着でしらじらしいリプを見かねて介入したユーザーへのこの返答。

自分への攻撃をなうちゃん氏にすり替え、かばっているかのようにふざけている。

公人がさ、私人をここまで粘着するのって「いじめ」だよね


そして、挙句の果てが冒頭の「楽しく目標のフォロワー数が達成できました!」発言である。


みんな、どう思う?

正直、オレはなうちゃん氏の「平等であるべき」という意見に対しても、全面的に賛成というわけではない。

・・・というより、単純に140文字のTwitterの世界で「賛成」だの「反対」だの軽々しく言えるテーマでもないからだ。


しかし、そんなものは抜きにしても、丸山氏の絡み方は人としておかしいのではないか?と思う。


相手がさ、議員相手であればまだよい。

まぁ、よくはないけど、同じリングでの戦いでもあるからだ。


しかし、議員たる立場の人間がここまで個人を執拗に追い詰め、「楽しく目標のフォロワー数が達成」できたとして、何の価値があるのだろう。

あなたはそんな票の集め方しか出来ないの?


こんな議員が、日本における弱い立場の人間を救いために汗水たらして尽力してくれるとは、オレは到底思えない。


正直オレは頭わるいから、政党のこととか派閥とかよくわからない。

でも、人を見る目はそれなりにあるつもりだ。


選挙の時期になると会社の近くの交差点に立ち、通行人に対して頭を下げ続ける議員がいる。
 
「おはようございます!」
「いってらっしゃい!!」

 
おそらく100人に1人も挨拶はかえってこないのではないかと思う。

でもね、雨の日も傘さしてさ、笑顔で頭さげ続ける議員がいたら、オレは心動かされるよ。

そんな議員の姿をみて、「あの人はどんな政党なんだろう」と興味も出るし、「あなたなら頑張ってくれそうあよ」と一票いれたいと思うのではないかな。

その信頼の数が、投票の本質ではないのだろうか。



オレは日本維新の会がどんな政党なのか知らない。

でも、この丸山氏のTwitter上の素行をみて、政党の底が見えたとオレは思っている。


身を切る改革?

は?