モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

腹圧呼吸の基本をマスター!「スタンフォード式 疲れない体」

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20190317070756j:plain

以前システマ・ブリージングについて書きましたが、よさそうな呼吸メソッドが見つかったので実践中なのであります。

・関連記事:ストレスに効果バツグンの呼吸法!システマブリージング

その中も腹圧ふくあつ呼吸!

 
腹「式」ではないのですよ。腹あつです。読んで字のごとく、お腹に圧力をかける呼吸です。

この腹圧呼吸、簡単なクセにめちゃくちゃ効果高そうなんです。

一日わずか数分やるだけで体幹や姿勢が補強され、しかも疲れにくいタフな体が手に入るなんて・・・

そんなうまい話があるわけないやろ!(で、どうやるの?)


 

腹圧呼吸はお腹をふくらませる呼吸!

腹圧呼吸のやり方は、要領さえ得てしまえば簡単です。一言で言うと「お腹をふくらませてする呼吸」。これだけです。

とはいえども、やみくもにお腹を膨らませればいいわけでもないので、基本的な動作をご紹介します。
 
【腹圧呼吸 手順】

  1. 5秒ほどかけて鼻から息をすいながら、おなかをMAXに膨らませる
  2. 5~7秒かけて口から息を吐き出すが、この時におなかをへこませず(腹圧を維持)、横隔膜を下げていくことを意識する
  3. ※吐くときに肩が上がらないように注意!最初は下腹部に手を当てると腹圧を維持しやすいです。
  4. 完全に吐き終わったら、おなかを一旦緩めて①へ戻る
  5. ※5回ほど繰り返す
 

え? こんだけ・・・?

 
はい、これだけです。

所要時間にして、だいたい1、2分程度ではないでしょうか。

でも、この腹圧呼吸の効果は絶大で、世界最強のスポーツ大学であるスタンフォード大学でも実際に取り入れられてるメソッドなんです!

▼「スタンフォード式疲れない体」

腹圧呼吸のメカニズム

腹圧呼吸はあなたの体幹を鍛え、正しい姿勢に導いてくれます。なぜ正しい姿勢になるかというと、お腹に力をいれて生じる圧で、背骨ががっちり補強されるから。

姿勢がよくなることで体の軸が安定し、無駄な動きがなくなる=パフォーマンスが上がるという仕組みです。

▼ビジネスパーソンだと姿勢は印象にモロ影響します

実は赤ちゃんの呼吸がまさに腹圧呼吸なんです。赤ちゃんの「首が座る→寝返りをうつ→歩きだす」というプロセスの裏に、体幹を鍛える「腹圧呼吸」があったのはまさに驚異と言わざるをえません。

赤ちゃんがいるご家庭は、是非観察してみてください!

凄すぎる!腹圧呼吸の効能まとめ

この簡単な腹圧呼吸をやると、以下のメリットが期待できます。

身体パフォーマンスが上がり、疲れにくくなる
運動におけるポテンシャルが開花する
腰痛が治る(!)
睡眠の質が上がる
リハビリ中の場合、修復が加速する

すんげ!下手に整体いくより断然いいね

 
この呼吸のいいところは、エクササイズと違ってやる場所を選ばないというところです。

オフィスで座った状態でもできますし、電車で立っているときだって出来ます。

ちょっと出っぱらに見えそうだけど気にしない!

座ったまま練習するのが一番やりやすいので、お仕事中の気分転換に取り入れるには最適です。

▼ストレッチも合わせて行えば効果倍増!

さらに腹圧呼吸について知りたいなら「スタンフォード式 疲れない体」を!

今回ご紹介した腹圧呼吸をより深いレベルで知りたい方は、ぜひ「スタンフォード式 疲れない体(山田知生)」をご一読されることをオススメします。

腹圧呼吸が図解で載っているのでよりわかりやすいですし、ケースごとの効果的なエクササイズなども紹介されており、大変充実した一冊。

著者の方は実際にスタンフォーフォード大学に勤務してますし(※執筆時点)、様々な論文をベースに書かれてますので科学的信憑性も◎。
 

※この本はTwitterであゆむさんに教えていただきました。

私も隙間時間に腹圧呼吸をやってますが、その瞬間は姿勢が矯正されているのを感じます。姿勢を直したいという人にもオススメです!

▼あわせて読みたい!