モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

腹式呼吸はもう古い!腹圧呼吸で疲れない体をビルドせよ!

f:id:lambdaty:20190317070756j:plain

この間システマ・ブリージングについて書きましたが、ちょっとよさそうな呼吸メソッドが見つかったので実践中なのであります。

その中も腹圧呼吸!

 
「式」ではないのですよ。腹「圧」です。

読んで字のごとく、お腹に圧力をかける呼吸です。


この腹圧呼吸、簡単なクセにめちゃくちゃ効果高そうなんです。

一日わずか数分やるだけで体幹や姿勢が補強され、しかも「疲れにくい」タフな体が手に入るなんて・・・

そんなうまい話があるわけない!(で、どうやるの?)

 

 

腹圧呼吸はお腹をふくらませてやる呼吸です!

腹圧呼吸のやり方は簡単です。

一言で言うと「お腹をふくらませてする呼吸」

これだけです。

 
【腹圧呼吸 手順】

  1. 5秒ほどかけて鼻から息をすいながら、おなかをMAXに膨らませる
  2. 5~7秒かけて口から息を吐き出すが、この時におなかをへこませず(腹圧を維持)、横隔膜を下げていくことを意識する
  3. 吐くときに肩が上がらないように注意しよう。 最初は下腹部に手を当てると腹圧を維持しやすいよ

  4. 完全に吐き終わったら、おなかを一旦緩めて①へ戻る
  5. ※5回ほど繰り返す
 

え? こんだけ・・・?

 
はい、これだけです。

所要時間にして、だいたい1分程度ではないでしょうか。

でも、この腹圧呼吸の効果は絶大で、世界最強のスポーツ大学であるスタンフォード大学でも実際に取り入れられてるメソッドなんです!

腹圧呼吸のメカニズム

この腹圧呼吸は、あなたの体幹を鍛え、正しい姿勢に導きます。

なぜ正しい姿勢になるかというと、お腹に力をいれて生じる圧で、背骨ががっちり補強されるから。

そうすると体の軸が安定し、無駄な動きがなくなる=パフォーマンスが上がる、という仕組みです。


赤ちゃんはみんな腹圧呼吸をしてるらしい!

赤ちゃんは腹圧呼吸をすることで、体が安定していきます。

その結果、首が座って寝返りをうち、歩けるようになっていくのです。

小さな赤ちゃんがいるご家庭は、是非観察してみると面白いかもしれませんね。

腹圧呼吸の効能は凄すぎる!

この簡単な腹圧呼吸をやると、以下のメリットが期待できます。

  • 身体パフォーマンスが上がり、疲れにくくなる
  • 運動におけるポテンシャルが開花する
  • 腰痛が治る(!)
  • 睡眠の質が上がる
  • リハビリ中の場合、修復が加速する

 

すんげ!エナジードリンク飲むよりよっぽどいいな!

 
この呼吸のいいところは、エクササイズと違ってやる場所を選ばないというところです。

オフィスで座った状態でもできますし、電車で立っているときだって出来ます。

ちょっと出っぱらに見えそうだけど気にしない!

座ったまま練習するのが一番やりやすいので、お仕事中の気分転換に取り入れてみてはいかがでしょう。

さらに腹圧呼吸について知りたいなら「スタンフォード式 疲れない体」を読もう

今回の知見はスタンフォード式 疲れない体(山田知生)で得ることができました。

この本には腹圧呼吸が図解で載っているのでさらにわかりやすいですし、疲れをとるためのエクササイズなども紹介されています。
 

 
この本はあゆむさんに教えていただきました。

あゆむさん、いい本教えてくださりありがとうございました!

 

著者の方はスタンフォーフォード大学に勤務されてますし(※執筆時点)、様々な論文なども参考に書かれてますので信憑性の高い優れた内容と思います!

オレもがっつり練習してマスターします!