/* あわせてよみたいの囲み */ /* 灰色の囲み */

モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【レビュー】爆丸(バクガン)!爆002トゥロックスを買ってみた!

スポンサーリンク

今日は久々の休みなので、行きつけのオモチャ屋パトロールに出かけたところ・・・・

あれ?ベイブレードのコーナーに違うおもちゃがある・・・!!

B07P3B475J

爆・・・丸?! なんやこれ!!

なんとタカラトミーから新しいおもちゃ、「爆丸(バクガン)」なるものが発売されてました。

遊び方はモンスターをボールに変形させて、対戦バトルをやるようなのですが、今ひとつイメージはわきません。

というわけで、試しに一個買ってみたからレビューするよ!

 

 

T-レックス型爆弾「トゥロックス」

対戦して遊ぶなら爆丸の「スタートダッシュセット」がいいのでしょうが、ちょうど手持ちもなかったので、今回は一匹買いにすることに。

正直、どれも俺好みの可愛さ加減だから迷う・・・!

悩んだ挙げ句、もっとも好きなフォルムとカラーリングである「トゥロックス」をお買いあげ。

B07P265GTF

カメかと思ってたら恐竜でした(笑)

開封してみよう

いつも胸がときめくのがこの開封の儀です。

f:id:lambdaty:20190425142733j:plain

入っているものは、
爆丸×1
爆コア×2
キャラクターカード×1

です!


f:id:lambdaty:20190425142724j:plain

氷漬けの恐竜みたいで、ブリスター越しでも可愛いです


f:id:lambdaty:20190425142717j:plain

裏面に遊び方が書いてあるけど、イマイチわかんないや・・・

本体

f:id:lambdaty:20190425142709j:plain

手のひらに乗せるとこんな感じ。可愛いです。

f:id:lambdaty:20190425142654j:plain

正面。

f:id:lambdaty:20190425142702j:plain

真上。

爆コア×2

f:id:lambdaty:20190425142640j:plain
どうも爆丸で遊ぶ上でキモとなるのが、この「爆コア」のようです。

2種類はいってました。

素材は厚紙です。

説明書を読むと、片方が「マジックシールド」、もう片方は「スペシャル」という種類でした。

それぞれバトルのときに得られる効果が違うのだそうです!

キャラクターカード

f:id:lambdaty:20190425142856j:plain

あの・・・どちらさんで?

にわかに信じがたいのですが、同一個体のようです(笑)

「B500」とあるのは「バトルパワー」、「D1」とあるのは「ダメージレート」という値。

どちらも対戦で必要なものです。

爆丸の遊び方!

さて、爆丸の基本的な遊び方です。

プレイヤーはボールモードになったモンスターを「爆コア」に向かって転がし(シュート)、爆コアの上でモンスターを立たせる(スタンド)ことを目指します。

おそらく磁石のギミックにより、爆コアの上で変形がとけるんだね

2プレイヤーがそれぞれ転がし、うまくスタンドさせたほうが勝利

どちらもスタンドした場合は、キャラクターカードと爆コアのスコア合計で勝ち負けを競うわけです。

爆丸を実際に転がしてみよう!

それでは実際に爆丸を転がしてみましょう。

f:id:lambdaty:20190425142846j:plain

簡単に丸まります。モンスターによって転がした時の軌道が違うんだって!


f:id:lambdaty:20190425142806j:plain

いっけええええええ!


f:id:lambdaty:20190425142922j:plain

おおおおおおお!


\シャキーーーーーン!/
f:id:lambdaty:20190425142909j:plain

立った---!!

 \ フンスッ / 
f:id:lambdaty:20190425142747j:plain


やってみるとわかるのですが、爆コアの上を通過させることもかなり難しいです。

シュートの仕方など、これから様々なテクニックが編み出されてきそうですね。

爆丸の感想は「フィギュアとしては好みだけど、遊び方は未知数」

ベイブレードがベーゴマの進化系とすれば、爆丸はビー玉の進化系でしょうか。

爆コアの上でスタンドするギミックは楽しいのですが、本体同士が激しくぶつかりあうベイブレードと比べると、ずいぶん大人しい対戦になる印象です。


B07P3B475J

とはいえども、このモンスターのフォルムはめちゃくちゃ好み!


爆丸のモンスターは「タマゴラス」のように、ほどよいデフォルメとメカ感が魅力です。

これから様々なラインナップが発売されると思いますが、コレクター心をくすぐるポテンシャルは十二分。

飾っても可愛いので、是非あなたも手に取ってみてみてくださいね!