/* あわせてよみたいの囲み */ /* 灰色の囲み */

モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

あなたにも出来る!スーパーコネクターの人脈術「リコネクティング」

スポンサーリンク

人生の幸福度と人間関係は強い相関があると言われています。

実際、成功者と呼ばれる方を見ていると、個人ステータスの高さより取り巻く人脈の広さによるところが大きいです。

「でも、私あんまり知り合い多くないし・・・」

そんなあなたでも実行出来る、人脈を広げる方法があったら知りたくないですか?

今日はDaiGoさんの「少ない人間関係で最大の成果を出すための『スーパーコネクター』の見つけ方」動画から抜粋&編集した内容をご紹介します!
 

「スーパーコネクター」は人脈づくりのエキスパート

f:id:lambdaty:20190515052935j:plain

あなたが得意なこと、あるいは好きなことはなんでしょうか。

ゲームや料理、様々なものがあると思います。

それと同じぐらいの感覚で、人脈をつくるのが得意な人たちがいます。

過去の同級生や会社の人間で、思い当たる人いませんか?

彼らは「スーパーコネクター」と呼ばれる人たちなんです。

スーパーコネクターとだけ繋がれたら理想だけど・・・

友人関係が広いことで最も大変なのは、それを維持していくことです。

また、それ以前に「どう広げていけばいいかわからない」という人も多いと思います。

パーリピーポーになれない人は、極論をいうと「スーパーコネクター」とさえ繋がっていればOK!

しかし、運良くスーパーコネクターと繋がれたとしても、恩恵を受けるだけだと彼らも離れていきます。

あなた自身も、スーパーコネクターに還元できるぐらいの人脈、つまり「人と繋がる力」が必要なのはそのためなんです。

人脈術のキモ!「リコネクティング」能力を高めよう

f:id:lambdaty:20190515051413j:plain

では、人と繋がる力を高めるためにはどうすればよいのでしょうか。

もっとも確実なのは「リコネクティング」を行うことです。

リコネクティングとは「再接続」という意味です。

つまり、最近連絡を取っていない友人に連絡を取ることです!

スーパーコネクターこそ、まさにリコネクティングの達人であり、人脈を広げたい人間がまず身につけるべきスキルがリコネクティングなんです。

リコネクティングの最大の障壁は「抵抗感」!

ここで「え・・・最近連絡を取っていない友人への連絡かぁ・・・」と萎えませんでしたか?

まさに、リコネクティングの最大のポイントはここにあります。

リコネクティングで大事なのは「トークスキル」でも「コミュニケーションスキル」でもありません。

抵抗感の差なんです。

「急に連絡をとって、しかもいきなりお願いなんて図図しいよね・・・」という”抵抗感”があるかないか!

これを平然と出来るのが「スーパーコネクター」の大きな特徴なんです。

リコネクティングのポイントは「相手の○○なこと」を押さえておくだけ!

リコネクティングで抑えるべき点は、たった1点だけです。

それは、「相手が得意なことや好きなことで頼る」ということです。

自分が好きなことや得意なことで頼られるのって、悪い気はしませんよね。


多くの会社組織では、業務の進捗だけ見て、その人の得意なことや向いていることには目を向けません。

よって、自分の得意なことを活かす場や機会を求めている人は多いんです。

スーパーコネクターはそこをしっかりと把握してますから、いざという時に「よぉ久しぶり!お前○○凄い得意だったよね?そこでさぁ・・・」と電話して、あっさり問題を解決してしまうんです!


TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

リコネクティングの準備:友人や知人の情報を整理しよう

リコネクティングを行う上で、「相手が何が得意で何が好きか」を把握するのは必要最低条件です。

手始めに、あなたの知人や友人のスキルを整理してみるとよいでしょう。

スマホの「連絡先(アドレス長)」のメモ欄に、知人の特性を入れておくと便利です!

ここでのポイントは「相手の努めている会社や肩書はそこまで重要ではない」ということです。

なぜかと言うと、これらは時間の経過とともに変化する可能性があるから。

情報が勤務先しかないと、「最近どうよ。忙しい?」ぐらいしか言えませんからね

リコネクティングをレッツ・トライ!

では、実際にリコネクティングをやる時の流れです。

まずあなたが求めるスキルをもっている人をピックアップしましょう。

例えば「美味しいお店に詳しい」「イラストが描くのが得意」などです!

ピックアップしたら、誰かからOKをもらえるまで連絡をとるわけですが、対話するときのポイントは2つです。

  1. 相手の得意なことをまず褒める
  2. かつ、その分野の内容で頼る

断られたら「そっか。また何かあったらよろしくね!」といってサッと引きます。

くれぐれも相手が不得意なことで頼ることだけは絶対にないようにしましょう。

Point

心理的な抵抗を払拭するためには相手を褒めることがポイント。そこを外さなければ頼み事をしても相手から嫌煙されることはありません


ココナラで似顔絵を描いてもらう

仕事にも生きるリコネクティング

2010年の研究ですが、「新規プロジェクトを進める上では、既存の人脈ではなく、しばらく連絡を取っていない人脈を活用したほうが有利に進む」というデータがあります。

なぜ既存の人脈ではだめかというと、新しいプロジェクトには新しい技術や考え方が必要となるからです。

既存の人脈では「同じ方向性の解決方法」にしか向かわないのですが、そこに別の風が入ることでイノベーションを誘発しやすくなるのですね。

味噌と豆腐とネギしかなかったら、味噌汁しか作れないようなもんだね

もし仕事で悩んでるときには、今の会社の同僚や上司ではなく、昔のクラスメイトや過去の同僚を頼ると、思わぬ解決方法に巡り会えるかも知れませんよ!

頼み事をしたのに感謝されるスーパーコネクター

スーパーコネクターの凄いところは、「頼み事をしたのに、相手から感謝される」ということです。

自分が得意なことをやって誰かに喜ばれるわけですから、当然といえば当然かも・・・!

また、スーパーコネクターは人と人をコネクトするので、和もどんどん広がっていきます。

ここまで到達することはなかなか難しいかもしれませんが、リコネクティングの練習をすることで、人脈を広げていくことは誰にでも可能です。

今回ご紹介したリコネクティングはとっても簡単ですし、実行していくとどんどん心理的抵抗も減っていきますので是非やってみてくださいね!