モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

怖いけど怖くない心霊本!加門七海の傑作対談集!

Sponsored Link

f:id:lambdaty:20190707063700j:plain

夏といえば怪談の季節ですね。

昔はよく「宜保愛子緊急特番」みたいな番組をよく見た気がしますが、
最近はこの手の番組もめっきり減った気がします。


ところでなにが「緊急」だったんだろね?


私自身「みえない世界」の話が大好きなので、その点の本は結構読むんですよね。

今回は、「ガチで怖い話は苦手だけど、ちょっとだけ怖い話には興味ある・・・」という方にオススメの本をご紹介します!

うわさの人物 神霊と生きる人々 (集英社文庫)

4087465489

これ、オカルト好きはマストで読むべき名著

霊能力をお持ちの作家、加門七海先生の対談集です。


私が大好きな作家の1人です!


「おもしろいから読めよ」と貸した知人に借りパクされてしまって、
残念ながら今は手元にないんですが、実際に「視える」人達が9名出てきます。


プラスへ導くポジティブ能力—ハマサイ氏(超能力者)
北の国から母なる神の声—木村藤子氏(透視能力者)
手指で上げるあなたの運気—大島幸江氏(仮名・エステティシャン)
修験道第一の門番—田中利典氏(金峯山修験本宗宗務総長)
曼茶羅の世界で己をみつめる—五條良知氏(大峯山護持院東南院住職)
竜宮が見守るあたたかな祈り—高橋恵子氏(ユタ)
普通の高校生がユタになるまで—平博秋氏(ユタ)
神官は憑きものを知る—三木芳照氏(仮名・神社神職・神官)
昼は敏腕女社長、夜は凄腕霊能者—井川浩子氏(仮名・デザイン会社経営)

(「BOOKデータベース」 より)


木村藤子さんは特に有名ですのでご存知の方もいるかもしれませんね。


話している内容はかなりぶっ飛んでるんですが、不思議とおどろおどろしさはありません。

加門先生のインタビュアーとしての力量発揮という感じです。


読み終わると「へぇ、こんなこともあるのかなぁ」という風に、世界の見え方が少し変わってくる本です。


ちなみに沖縄土産のシーサーあるじゃないですか。
あれって、飾っておくとほんとにシーサーが護ってくれるらしいですよ!

B07BVPSD6B



心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ)

4840139555

これも加門先生の対談集ですね。

「うわさの人物」ほどガチ霊能勢ではないものの、メンツがすごいですよ。


新倉イワオ(放送作家)
CLAMP(4名の女性から成る創作集団)
立原透耶(作家)
飯田譲治(映画監督・脚本演出家)
工藤美代子(ノンフィクション作家)
平山あや(タレント)
ザ・グレート・サスケ(レスラー・元議員)
竹内海南江(「世界ふしぎ発見!」元リポーター
大森亮尚(古代民族研究家)
松谷みよ子(作家)
稲川淳二(ホラーの帝王)


松谷みよ子さんは、絵本「いないいないばあ」でご存知の方も多いと思います。

ザ・グレート・サスケさんも有名な方ですが、霊感をお持ちなところが意外ですね。


しかし、なんといっても淳二です。

さすがホラーの帝王というべきか、加門先生を圧倒している様が伺えます。


のちに「インタビューとしては失敗だったかも」と加門先生が述懐されてますが、そこも含めて淳二の凄みが伝わってくる、いい文章でした!


まとめ

世の中、科学で解明できないものはない、といいます。

でも、Wi-Fiが見えないように「見えないけれどもある」というものは、
確実に存在すると思うんですよね。


今回ご紹介した加門先生の2冊の対談集に出てくる方は、「見えない存在を受け入れ、ともに暮らす」人たちです。


たまにはそんな不思議な世界に浸ってみるのも悪くないですよ!