モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

モエルライフ

【画像あり】栃木レザーのエイジングは?!HUKUROを5年使ったらこうなった

Sponsored Link

レザーといえば「通」の間ではおなじみ栃木レザー
参考栃木レザーを広めたい!革好きのお話

5年ほど育った栃木レザーの私物を見て、改めて「いいものだなこれは」と思いました。

ともに過ごした年月が刻まれている栃木レザー製品は、唯一無二の存在感を放ってます。

今日はそんな私物2点をご紹介。

栃木レザーのエイジングが気になる方の参考になる記事ですよ!

栃木レザーのIDカードケース(IDホルダー)(HUKURO)

まずご紹介するのは栃木レザーのIDカードケース(※ストラップ別売)です。

スーツ姿にペラッペラのビニール製IDカードケースがどうしても嫌で、思い切って購入した思い出の逸品。

ブランドはフクロウの刻印が愛らしくておしゃれなHUKUROです。

Before

私が買ったのIDケースの色はグリーンです。

B07NDF78L5

モスグリーンといったほうが近いかと思いますが、栃木レザーではわりとよく見るカラーでもあります。
(ちなみにブラウンやオレンジなどの発色は、イル・ビゾンテにかなり近い雰囲気)

手触りはなんだか固くてパサパサしてて、「これがほんとに評判のレザーなの?」と感じたことを思い出します。

栃木レザーのIDカードケースAfter(5年後)

さきほどのIDカードの5年後が、この画像です。

f:id:lambdaty:20190722041822j:plain

5年の歳月を経て、なんとも言えない深い緑色に変化しているのが伝わりますでしょうか。

つづいて背面です。

f:id:lambdaty:20190722041829j:plain

硬かったレザーの表面もいまでは「とろり」と手に吸い付くような触り心地に変化しています。

ちなみに左右のふちにあるのは「ジョッター」とよばれるもので、メモ紙を挟むことができるのだとか(使ったことはありません)。

ここも濃淡がよく出ており、デザイン的にもいいアクセントになってますね。

手に触れることのほとんどない「カード収納部」は、新品のときとほぼ同じコンディション。エイジングによる濃淡の差がわかりやすいと思います。

f:id:lambdaty:20190722041837j:plain

縫製もレザーもまだまだ頑丈です!

栃木レザーのiPhone ケース(HUKURO)

続いてご紹介するのはiPhone ケース。こちらもブランドはHUKURO。

最新のデザインではありませんが、iPhone 6plus用のケースです。

栃木レザーのiPhone ケースBefore

当時の新品状態の画像がないので、現行モデルを引用しています。

色はブラウンなので画像とほぼ同じカラーです。
B07HXYCBMM

栃木レザーのiPhone ケースAfter(5年後)

iPhoneケースの5年後です。

f:id:lambdaty:20190722041913j:plain

濃いめのブラウンが、さらに濃くなっていることが終わりいただけると思います。

こちらは個人的に一番好きなポイント。HUKUROの刻印です。

f:id:lambdaty:20190722041947j:plain

スマホは毎日触るものなので、エイジングのスピードも早かったと思います。

つかいこむほどに手触りがよいので、スマホを持つのがまったく苦じゃありません。

正面です。

f:id:lambdaty:20190722041921j:plain

ホームボタンやカメラ周りの切り離しのところが、「すぐにへたってくるんじゃないのか?」と不安だったのですが、5年使った今も特に問題はありませんでした。

デジタル機器にレザーのビンテージ感がプラスされ、なんとも言えない愛着が湧く逸品です。

1点欠点をあげるとするならば、「おかげでiPhoneの機種変更がし辛い・・・」ということでしょうか。

栃木レザー(HUKURO)まとめ

レザー製品はエイジング、すなわち「育てる」楽しみが醍醐味です。

私も色々な革製品を見てきましたが、栃木レザーはコストと品質が高い水準でバランスがとれていると感じます。

海外のタンナー(なめし業者)にも決して負けていない品質は、日本人として誇らしさすら覚えます。

ちなみにIDカードケースとiPhoneケース、どちらもメンテナンスというメンテナンスはしていません。普段から触るものなので油分補給は十分されているのではないかと思います。

レザー製品を買うときに「栃木レザーってどうなの?」と不安に思う方の参考になれば幸いです!

日本製にこだわったレザーブランド【sot(ソット)】(

レザー製品は長く使うものなので、多くの人がこだわった逸品をお探しだと思います。

目利きのあなたにオススメしたいブランドが「sot(ソット)」です。
日本製にこだわったレザーブランド。sot(ソット)

このブランドの素材は栃木レザーではありませんが、世界三大レザーのイタリアンレザーを使用したものが多いのが特徴です。

f:id:lambdaty:20200502132827j:plain
(オーピスレザーシリーズ)

財布や鞄の裏地に山梨県の伝統織物『甲州織』を使うなど、「ジャパンメイド」にこだわったものばかり。

30-40代の男性を中心に、幅広い層に支持されているブランドです。

レザー製品をお探しのあなたは、ぜひ一度覗いてみてください!

\2002年に東京恵比寿で創業/
sotのレザー製品を見に行く

 こちらの記事もオススメ!