モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

ラグビーW杯2019日本大会の優勝候補とされる3か国はどこ?

Sponsored Link

f:id:lambdaty:20190826230351j:plain
9月に開幕するラグビーのワールドカップ、今回はどの国が優勝するでしょうか。

世界から集う強豪が目の前で熱い試合を繰り広げる姿を、十分に目に焼き付けたいですね。

ラグビー強豪国は、常に優勝候補と目される南半球のニュージーランド代表、オールブラックス

それから南アフリカ、オーストラリアの3か国です。

本記事は優勝候補であるニュージーランド代表、南アフリカ代表、オーストラリア代表について紹介します。

ラグビーW杯2019の開催国は?日本代表はベスト8目指す


ラグビーワールドカップ2019年は日本大会です。

試合は国内12都市で行われ、リーグ戦は北は札幌から南は熊本まで開催。

そして決勝トーナメントに入ると関東地方や大分県が中心になりますよ。

ラグビーのワールドカップは、1987年にはじまります。

最初は参加国は招待されましたが、1991年大会から一部のチームをのぞいて地区予選が行われるようになりました。

もともとは強豪国による持ち回りで開催されていたんですよ。

またイングランドやウェールズで開催される場合も、スコットランドやアイルランドの競技場でもプレーされることが多かったのです。

B07KH6P2TK
今回の日本は、アジアで初の開催

また代表チームがベスト8経験のない国での、初めての開催なんですよ。

せっかくの日本大会、行ってみようか迷っているなら、今からでもチケットは入手可能です。

そして自分たちの代表を応援するために、海外からもたくさんの人が訪れますよ。

ラグビーは激しいスポーツではありますが、ファンは一般的に穏やかでフレンドリーなところも。

それぞれ自分の国を応援しているにもかかわらず、敵対するようなことはめったにありません。

一生に一度のラグビーワールドカップ日本大会を楽しみましょう。

日本代表はベスト8目指す

B00TDLGKIS
日本代表は2015年のワールドカップ初戦で、優勝候補である南アフリカに勝ち、一躍脚光を浴びました。

結果は得失点差で決勝トーナメントへはあがれず、前回ワールドカップでは予選敗退しました

今回はそれを上回るチームとして、ベスト8入りをめざしています。

チームの地力もついてきて、強豪または中堅チーム相手に、どのような試合をするのか楽しみですね。

ホームでの試合は、実力が出しやすいのでぜひ頑張ってもらいましょう。

優勝候補は?

これまでのW杯全8大会の優勝回数は、

ニュージーランド 3回
南アフリカ 2回
オーストラリア 2回
イングランド 1回

です。

今回のワールドカップ2019日本大会の優勝候補は、

・ニュージーランド
・南アフリカ
・オーストラリア

の3か国です。

やはり今までワールドカップで優勝経験のあるチームが有力とされていますね。

ニュージーランド(オールブラックス)

ニュージーランドはラグビー世界ランキングで現在2位です。

愛称はオールブラックス

その名の通り、上下とも黒の代表ユニフォームで、試合前に行われる、「ハカ」と呼ばれるダンスにはすごい迫力。

1903年から2017年までのテストマッチ566回で勝率77.21%という強豪国です。


1903年に初のテストマッチをプレーして以来、オールブラックスは幾度となく表彰され、スポーツ界全般の中でも抜群の実績あるチームとして知られています。オールブラックスはテストマッチ500勝を初めて達成したほか、ラグビーワールドカップで初回1987年、2011年、2015年と優勝を重ね、現在チャンピオンのタイトルを維持しています。トライネーションズでは16大会中10回、ラグビーチャンピオンシップでは6大会中5回で優勝杯を手にしています。ブレディスローカップは14年連続(2003年〜2017年)で保持しました。

出典:チーム・オールブラックス

B07S748CVQ

南アフリカ(スプリングボクス)


南アフリカは、ラグビー世界ランキングで現在4位。

愛称はスプリングボクスで、ニュージーランドと並ぶ強豪です。


濃いグリーンのジャージーと白のパンツで、体の大きな選手が突進して行く様は、これぞラグビーといった感じで見ごたえがありますよ。

アパルトヘイト(人種隔離)政策による制裁を受け、1987、91年大会は不参加。自国開催だった95年大会で初出場、初優勝を果たした。前回大会は初戦で日本にまさかの黒星を喫したが、立て直して3位に。FWのパワーはニュージーランドを上回る。

出典:朝日新聞

B07PRHWZ4W

オーストラリア(ワラビーズ)


オーストラリアは、ラグビー世界ランキングで現在6位。

愛称はワラビーズ

ユニフォームは黄色(ゴールド)のジャージーと緑のパンツです。


ボールをよく動かす機動力のあるラグビーが特徴。隣国ニュージーランド代表との伝統的な定期戦の中で、工夫を凝らした賢いラグビーに磨きをかけてきた。1991年大会と1999年大会では頂点に立ち、両大会とも高い組織力で相手を翻弄している。国内におけるラグビー人気も高い。

出典:グビーワールドカップ2019トレードマーク日本大会公式チケットサイト

B07PRJ1SYM

自分の好きなチームを応援しよう

ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアの3か国が優勝候補とされていますが、もちろん北半球の雄、イングランドも忘れてはいけません。

こちらはオールブラックスとは反対に、上下白のユニフォームで、やはり体格に優れた選手です。

またこの4チーム以外にも、フランスやウェールズ、アルゼンチンなどのチームも地力があります。

また日本代表が対戦することになるアイルランドにスコットランド、その他サモアやフィジー、ジョージアなども見ごたえのある試合が楽しめますね。

4160082424
これらのチームがどう優勝争いに絡み、優勝カップであるエリス杯を受け取るのでしょうか。

もちろん海外勢を楽しむだけではなく、日本代表も応援したいですね。

スタジアムの生観戦もいいのですが、テレビでも十分に楽しむことができます。

秋の夜長、テレビでのラグビー観戦もまたいいものですよ。

代表ユニフォームのレプリカ、関連Tシャツなどを着て応援してみては!

書いた人


(書いた人:furako

FLAMINGOでは「食べ物」「お出かけ情報」「スポーツ」「子育て」等の記事を中心に書いていきます。
私が実際に言ってよかった場所、おすすめしたい場所、
美味しいものを、共感、共有出来たらいいなと思います。

まず読むならこれがオススメ!

無料占いおすすめ5選!当たると評判の占いを厳選紹介!占術いろいろ

J SPORTSはラグビー好きにおすすめ!メリット・デメリットは?

行基の湯(足湯)は香川県高松市で絶景を気軽に楽しめる無料スポット