モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

箱を捨てられない男の話。

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20190902232512j:plain

「男ってさ。”箱”をすてないよね~」

「そうそう、男って”箱”をため込むんだよね~」

箱。

最近、職場の女性陣が「男と女の違い」について話していた。

こっそり耳を傾けていると、どうやら会話の着地点は「男は箱を捨てられない」だったのだ。

箱・・・

いわれて見たら、私の部屋にも沢山の「箱」がある。

ゲーム本体の箱、
靴を買った時の箱、
フィギュアを買った時の箱…。

どの箱も中身は入っておらず、押し入れに奥深く眠っている。

10年選手の空箱もザラだ。


いつか売るために箱を取っておく?そんなことはしない(しない)

何故、男は箱をすてられないのだろうか。

女性陣いわく「いつか売るため」みたいなことを言っていた。

しかし、残念ながらそれは見当外れだ。

むしろ売りたくないものばかりなのだ、箱をとっているものは

どうにも言葉にしづらいが、箱をとっておきたいと思うのは、もっと原初的な欲求である気がする。

箱は「母体回帰願望」の現われ

あくまで仮説だが、男が箱をとっておく心理的背景には、「母体回帰願望」があるのではなかろうか。

※母体回帰願望=母体にいるときのように安らかな思いでいたいという願望

つまり箱=母、中身は自分と見立てるわけだ。

(自分でも何を言っているかわからない自覚はあります)

本質的に男は母への憧れというものがある。

マザコンまでいくと行き過ぎだが、多少なりともそういう願望はあるのだ。

だから男は箱をいつまでたっても捨てられない。それは男が「いつまでたっても子供」という証でもある。

うん、もっともらしい感じだ。どこかの哲学者っぽくなってきたぞ。


じゃあ女性はどうか、というと、たしかに女性で空き箱を大事にとってる人は少ない気がする。

むしろ、女性は空き箱を集めるよりも「箱に詰める」ほうが好きな気がするのだ。

女性の「子供を宿したい」という本能がそうさせるのかもしれない。

まとめ 認めよう、男は箱が好きな生き物だ!

箱からかなり話が広がったが、総括すると「男はやっぱり箱が好き」といえそうです。

確かに、ほぼ無意識にとっておくんですよね。

年末に大掃除しても、押し入れの空箱はきれいにつみあげたままだったりします。

捨てればいいのにね。


そんなわけで、今日Amazonから届いたのがコレ。

f:id:lambdaty:20190902232113j:plain

もちろん中身を開封して飾るのだけれど、やっぱり箱は捨てられそうにないのである

▼箱(匣)といえばコレ。京極夏彦の最高傑作を読んでみて!