モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【おすすめ】「SANEI シャモジー」塩素を取り除き、やわらかな水に早変わり!

Sponsored Link

ねころすです。

前回塩素除去のシャワーヘッドについてご紹介しましたが、私が購入したシャワーヘッドについて感想を書いてみたいと思います。

買ったのは「SANEI 浄水シャワーヘッド」です!

B00R0OLSCI

感想を一言でいうと「シャワーの水が、瞬間的にとろりとした温泉水になった!」です!!

SANEI 浄水シャワーヘッドはこんな商品

SANEIの浄水シャワー「シャモジー」はその名の通り、シャモジのような形状が特徴です。

この商品のポイントとして以下3点!

  高い塩素除去力
  節水省エネ設計
  初期費用の安さ
 

ポイント①高い塩素除去力

シャモジーは、ろ材の中でも特に高い塩素除去力を誇る「亜硫酸カルシウム」が使用されています。

 
f:id:lambdaty:20191101125801j:plain
(引用:SANEI HP

実際に市販の試験薬で確認し、シャモジーで塩素がきれいに除去されたのを確認した方もいるようです。

また、シャモジーは「日本アトピー協会」の推薦品ですので、敏感肌をお持ちの方は安心してお買い求めいただけますよ。

ポイント②節水省エネ設計

シャモジーは穴の配置と個数を工夫することで「やさしい水圧による省エネ設計」を実現しています。

f:id:lambdaty:20191101130310j:plain
(引用:SANEI HP

人によっては「シャモジーを付けたら、水圧がかなり減ったようだ」と感じる方もちらほら見受けられます。

しかし、勢いあるシャワーのお湯自体が肌の脂質を溶かしてダメージを与える元でもあります。
お肌のことを考えるならこそ、優しい水圧で体を流したほうがいいのではないかと思います。

ポイント③初期費用の安さ

シャモジーの魅力は初期費用の安さです。なんといってもカートリッジ2本付きで3,000円台前後から購入できるのは魅力。

この価格帯なら「塩素除去シャワーってどんなもんか」を試すにはちょうどよい価格帯だと思います。

もっとも、一度取り付けたら「なんでもっと早くつけなかったんだろう?」と感じる方がほとんどだと思いますが…。

シャモジーを使ってみた感想

シャモジーを使ってみた感想です。

本体がすごく軽くて、特徴的な形状!

まず最初に感じたのは「本体がものすごく軽い」ということ。あと、その名が示す通りヘッド部分が大きいですね。ほんとに”おしゃもじ”みたいです。

f:id:lambdaty:20191031145631j:plain

シャモジーの中にはこんなカートリッジが入ってます。シールがついてますので、交換時期を書くとよいですね。
ちなみにシャモジーのカートリッジは、1人が8分のシャワーを使う想定で1本2ヶ月です。

我が家の場合は3人家族なのですが、基本的には湯船に風呂を張ることが多いので、1人あたり8分使うことはまずありません。ただ、あまりギリギリに伸ばして塩素が混入してもイヤですので、一旦は一ヶ月後を交換目安としています。

f:id:lambdaty:20191031145639j:plain

とりつけは超簡単!

シャワーヘッドを購入する人の心配事は「ちゃんと交換できるかどうか」だと思います。

我が家のシャワーは20年ほど前のTOTO製なのですが、特に付属のアタッチメントを使うことなく簡単に交換できました。

f:id:lambdaty:20191031145648j:plain

大抵のシャワーには対応できるかと思いますが、不安な方はSANEIの公式動画をみていただくと安心です!

ひと浴びしただけでわかる水質の変化

肝心のシャワーの水の変化についてですが、正直「対して違いはわかんないんじゃないかな」と思ってました。

しかし実際に浴びてみるとわかりますが、温泉水のようなトロみすら感じるほどやわらかい水質に!

これは正直驚きました!

この変化は私だけでなく妻や息子も同じように感じたようです。

まだ使い始めたばかりなので肌や髪への変化はわかりませんが、お風呂をあがってしばらくした後に生じる肌のつっぱりもなく、確実に肌に優しい水に変化していることは間違いありません。

うーん、こんなに安くて手がるに変えられるんだったら、もっと早く使うべきだった・・・。

シャモジーまとめ

シャワーによる塩素の害は「肌へのダメージ」に目がいきがちですが、水蒸気として肺からも吸収されるため、実はアレルギーや免疫低下の原因にもなります。

私も息子も「やや乾燥肌」「呼吸器が弱い」というところが共通してますので、今後どんな変化が出てくるか非常に興味深いところです。

ちなみにシャワーの利用より湯船に浸かることが多い方は、ビタミンCをいれることで塩素対策ができますのでご参考までに。

B00J89LIPK

以上ですたい!

▼あわせて読みたい記事ですたい!