モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【実録】同僚のカバートアグレッションを回避したケース

Sponsored Link

ねころすです。

カバートアグレッションについて書いた記事、多くのかたに見ていただいており、ありがとうございます。
>>カバートアグレッションは味方のふりした悪魔!7つの特徴と対策について

一方で、『カバートアグレッションに関わるとどうなるのか?』という実例を知りたい方も多いのではないでしょうか。

今日は私が関わったカバートアグレッションについて書きたいと思います。

名前以外はほぼ実録になってますので、同じ悩みを持つ方のお役に立てると幸いです!

カバートアグレッションに「仕事を辞めろ」と囁き続かれた話

今回の話は、私の部下と別の部下(カバートアグレッション)の話です。

f:id:lambdaty:20200101215110j:plain

私は心理学のプロではないので断定はできませんが、特性的には以下の5つに該当していたのでほぼクロといえると思います。

 はぐらかす
 徹底した嘘つき
 被害者ヅラをする
 物事を都合よく解釈する(矮小わいしょう化・合理化)
 罪悪感を植え付ける

このカバートアグレッションがどういうことを行い、標的にあった人がどうなったのか。

是非お読み下さい。

誠実な部下にあるとき異変が

数年ほど前の話です。

私の部下から、「山田さん(仮称)の様子が最近おかしい」報告があがってきました。

山田さんは仕事面において特に優秀というわけではないのですが、誠実で信頼のおける人物です。

その山田さんが、最近は業務中もうつろな状態になっており、ことあるごとに「もう何もかも疲れた」「退職したい」とこぼしているのだそうです。

私は、山田さんを呼び出し、話をきいてみることにしました。

憔悴しきっていた部下が重い口を開く

目の前に座っている山田さんは、たしかに目もうつろで、何かに憔悴しきっているような状態でした。

「仕事面では特にミスなども起きていないようだけど、なんで退職したいのかな?」

こう軽くジャブを打つと、山田さんはうつむいたままで
「ちょっとプライベートで疲れきっていて…仕事をするのが辛いんです…」と応えました。

やはり、私生活か。そしておそらく人間関係だな。
多くの人間と関わってきた私は一瞬でピンときました。

正直いって、プライベートで起こったことは預かりしらぬことです。しかし、ここまでやつれ切った人間を目の前にすると放ってもおけません。

「よかったら、会社の上司としてではなく、一個人として話をしてくれないかな」

そう伝えると、山田さんは顔を上げ、重たい口を開きはじめました。

退職した元同僚のカバートアグレッションから洗脳状態に!

話を聴いて驚きました。

山田さんは、以前退職した川本さん(仮称)という方に

「君の職場は本当に酷い職場だ。もっといい職場を紹介するよ」
「親友だからいうけど、君はみんなから軽視されているよ」

という風にずっと植え付けられていたというのです。


「私はこの仕事が好きなんです。みんなもすごく好きですし…」
そういって山田さんはまたうつむきました。


川本さんも私の部下だったので、どういう人物かはよくわかっています。

人の心に入り込むのに長けた上、大言壮語をよくいう人物。
一端の経営者並みに大きなことは言うものの何一つ達成したことがなく、うまくいかないことは全部他人のせいにする。

そう、彼こそカバートアグレッションでした。

カバートアグレッションの鎖を断ち切ったのは客観的な視点による「気づき」

あのさ。
 
もし、あなたの職場が仮に酷い職場だったとしてもさ。
 
あなたはそう感じていないわけだよね?
 
なのに「すぐに辞めるべき」っていう考えを押し付けるのって、
 
ほんとの友達じゃなくね?
 
職場を辞めるってことは生活に関する一定のリスクがあって。
 
そのリスクって、川本さんじゃなくてあなたや家族が背負うわけよ。
 
そこを踏まえると、簡単に「辞めろ」っていうのは、正直、大事な人の人生を真剣に考えているとは俺には思えないんだけど……。


今まで川本さんが山田さんにおしつけてきた考えを紙に書き出させ、それを二人で見比べたあと、私の口からは自然とそのような言葉が出てきていました。

私の気持ちとしては『山田さんを引き止めたい』とか『川本さんを切り離したい』とかは全くなし。

あったのは、ただただ違和感。それを表現したのがこれらの言葉だったのです。


私の言葉を聴いた山田さんは、ハッとしたような表情を浮かべました。


「そう…ですよね!確かに…!」

「うん。川本さんは確かにあなたの親友だろうけどね。
ライフプランに介入するってのは、他人のうちに勝手に入って冷蔵庫を開け散らかすようなもんよ


そこから、みるみる山田さんの顔に生気が戻ってくるのが見えました。

結果、山田さんは川本さんとの交流は続けるにせよ、一定の距離を置く努力をすることになったのです。


カバートアグレッションからの開放は「気づく」ことが大きな一歩となる

f:id:lambdaty:20200101220500j:plain

以上がカバートアグレッションの体験談です。

川本さんは、会社に自分が認められなかったことを恨んで辞めていった節があるので、そこで働きつづける山田さんに我慢が出来なかったのではないかと思います。

その後川本さんは別の職場でもうまくいかず、「前の職場に戻りたい」といい続けていたそうです…

それにしても、山田さんの回復には目をみはるものがありました。

私はあくまで客観的な意見を山田さんに言ったただけなのですが、それだけでも十分な解毒作用がありました。

古代の憑き物落としとは、こういう状態を言ったものかもしれません。


今回の事例のように、他人の客観的な意見が物凄く効力を放つことってあります

逆に私が山田さんともっと親しい人間だったなら、ここまでの効力は見込めなかったのではないでしょうか。それは、意見を聞く側が「ねころすさんならこういうだろうな」というバイアスがかかってしまうからです。


もしあなたが人間関係で悩んでいたら、ちょっと距離のある人間に意見を求めてみることをおすすめします。


会社の先輩や上司、連絡を久しくとっていない学生時代の同級生もよいですね。

もし上記のいずれも難しい場合、有料ですがカウンセリングを受けてみるのも手です。

占いの館に足を運ぶよりも、問題解決のベクトルが正しい方向に向かう可能性は10倍は高いと思いますよ。



というわけで、今回は「カバートアグレッションはやっぱりとっても厄介」ということと、「攻撃されている自覚があれば解決には向かってるよ」というお話でした。

以上ですたい!

▼あわせて読みたい記事