モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

情熱価格PLUSの骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」を買ってみた!結構いいかもコレ・・・

Sponsored Link

ねころすです。

ドンキのPBブランド「情熱価格PLUS」より、骨伝導ワイヤレスイヤホンが出るとの情報が!

前から骨伝導に興味があった私は、さっそくゲットすることに。

f:id:lambdaty:20200223230937j:plain

骨伝導ワイヤレスイ型番型番 E9_01-BK
サイズ(約) 15×10×4.5(cm)
重量(約) 34g
防水防塵 IP55
Bluetoothバージョン 5.0
待機時間(約) 最大240 時間
充電時間(約) 2時間
連続再生時間(約) 最大6時間
付属品 USBケーブル(約51㎝)


骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」 5,980円(税抜)です!


知らない人はまったく知らないニッチなオーディオ分野の「骨伝導ワイヤレスイヤホン」。

今日はJOGBONEを使ってみた率直な感想を書きたいと思います!

骨伝導イヤホンとは

骨伝導イヤホンとは、鼓膜ではなく骨を振動させ、音を伝えるイヤホンです。

鼓膜を介するわけではないので『耳が疲れない』『外音が取り込める』などのメリットがあります。

一方、「通常のイヤホンより音質が劣る」「仕様上、音漏れが不可避」というデメリットもあるので、シチュエーションを選んでつかうべきイヤホンともいえます。

たとえば、通勤電車での利用だと音漏れが気になるので適しませんが、外音が聞こえたほうがよいスポーツの場では骨伝導イヤホンのほうが相応しいといえるでしょう。


骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」レビュー

JOGBONEを開封していきます。

・・・といってもそんなにいろんなものが入っているわけではありません。

f:id:lambdaty:20200223233750j:plain

✓ イヤホン本体
✓ 充電ケーブル
✓ 取り扱い説明書


この3点のみとなっています。カナル型イヤホンみたいにイヤーチップみたいなものはついていません。

f:id:lambdaty:20200224000519j:plain

充電する場合、このようにコードを繋いでPCなどのUSB端子につなぐか、別売りでアダプタを経由して充電する必要がありますね。

ペアリングをやってみよう

JOGBONEのペアリングはとってもカンタンです。

本体右外側の「ファンクションボタン」を2秒押して電源をいれると、スマホ側のBluetooth選択画面で『E9_01』という接続先が出てきますので、それを選べばOK。

f:id:lambdaty:20200223234033j:plain

とってもカンタン!

ワイヤレスイヤホンなどを過去に使ったことがある方なら操作に迷うことはないと思います。

JOGBONEを使ってみた感想は・・・?

使ってみた感想ですが、結構独特です。

イヤホンといっても耳につけるわけでもないので、「ヘッドホン」に近い装着感でもあります。

確かに耳の穴に入れるわけではないので、割と楽ですね。多少頭の周りの締めつけ感はあるものの、そこまで気になるレベルではありませんでした。


さて、装着感はよいとして、肝心なのは音質です。


実は以前、家電量販店で骨伝導イヤホンを試聴したことがあるのでなんとなくわかっていたのですが、音質はそこまで高くありません

一応ボーカルの声とか歌詞はしっかり聞こえてきますが、完全にフラット系。低音などの響きはまったくありませんでした。

もし音質に拘るということであれば「骨伝導イヤホン」という選択肢自体が外れるのかなぁと思います。


とはいえども、耳を介さずにここまで音が鳴るのは正直驚きました。

スポーツはもちろん、お家のリラックスタイムに利用するのもありだなぁと思いますね。


JOGBONEでちょっと気になったところ

とはいえどもちょっと気になるところもありました。

それは、後頭部のワイヤー部分がフィットせずに「浮く」こと。
(説明書も見たのですが、長さが調節できないみたいです)

ヘッドホンみたいに調節できればよいのですが、自分の頭の場合、ちょっと隙間が出来てしまいました。

このワイヤー部分が、来ている服の襟にぶつかってヘッドホンがずれたり…というのがちょいちょい起こるんですよね。

もちろん、横になって着用というのも難しく、少々ストレスを感じました。


JOGBONEまとめ スポーツや動画視聴メインならアリかも!

骨伝導ワイヤレスイヤホンがニッチな分野なせいか、全体的に価格帯は高めです。

情熱価格PLUSの「JOGBONE」は税抜5,980円なので、なかなか頑張っているほうではないかと思いますね。


JOGBONEを使うのにベストなシチュエーションは「スポーツ」や「動画鑑賞」ではないでしょうか。

これらの用途であれば、そこまで音質に拘る必要性はありませんので、JOGBONEがぴったりです。ちょっと家事しながらTVの音だけ聴いたり、とかね。


一方、音楽をより高い音の解像度で楽しみたい! という方には向かない商品になります。

ただし高級イヤホンだとジョギングなどには向きませんので、重要なのはあくまでTPO。
自分がどちらのタイプなのかを、しっかり考えて選ぶとよいかと思いますね。


私個人的にはけっこう気に入っちゃいました!


尚、情熱価格の「JOGBONE」はドンキでしか買えませんが、ネットで買える骨伝導イヤホンで良さげなものを見つけたのでご紹介しておきますね。↓


以上ですたい!


▼あわせて読みたい記事