モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【SoundLiberty 77 (TaoTronics)レビュー 】MCSync技術で抜群の安定性!アンダー1万円クラスのワイヤレスイヤホンの本命か!?

Sponsored Link

f:id:lambdaty:20191204153318j:plain

ネコロスです。

今回レビューするのはこのイヤホンです。

SoundLiberty 77(TaoTronics)です!

B07W1F17WF

製品名 SoundLiberty 77
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0
Bluetooth コーデック AAC、SBC
イヤホン単体再生時間 5時間
重量(ケース込) 約44g
防水 IPX7準拠(イヤホンのみ)
ドライバー 6mm PEEK+PU製ハイブリッドドライバー

気鋭のメーカー、TaoTronicsのイヤホン「SoundLiberty 77」は、非常にコンパクトで装着感も抜群。

こんなイヤホンをお探しの方にオススメです!

 完全ワイヤレスイヤホンを初めて使ってみたい!
 ウォーキングやジョギングなどの運動で音楽を楽しみたい!
 軽くてサクッと繋がるイヤホンを探している!

非常にバランスのよいワイヤレスイヤホンですよ!

SoundLiberty 77はどんなイヤホン?

SoundLiberty 77は、TaoTronicsというメーカーが展開する完全ワイヤレス(左右分離)です。

たおとろにくす…?

TaoTronicsというメーカーを耳慣れない方も多いかもしれません。母体であるSUNVALLEYは2007年にアメリカで創業した会社とのことで、まだまだ若い企業なんですね。

そんなTaoTronicsの製品SoundLiberty 77を、今回しっかりレビューしたいと思います!

SoundLiberty 77は「MCSync」技術により安定接続!

完全ワイヤレスイヤホンといえば、気になるのは安定性です。
SoundLiberty 77は「MCSync」という技術を使って安定性を高めているんですね。

B07W1F17WF

このMCSyncという技術は、一言でいえば「左右のイヤホンが同時にオーディオ信号を受信する」仕組みです。

通常、完全ワイヤレスイヤホンは片方が親機になってもう片方に信号を飛ばしてるので、どうしても音が途切れたりすることがあるのですが、SoundLiberty 77はMCSyncによって安定性が向上されています。

さらに、ケースを開いた時点でペアリングが開始されるので、耳につけてすぐに音楽を楽しめます。

f:id:lambdaty:20191208211621j:plain

「ペアリング→左右の同期」のロスが短いのは非常に快適で良い!

ジョニングにも最適!軽量&抜群のフィット感のSoundLiberty 77

イヤホンを選ぶとき、着用感はとても重要です。特に私の場合はジョニングなど激しい動きの時にも着用したいので、イヤホン本体の軽さも重視します。

SoundLiberty 77」は片方がわずか5g。ケースこみでも44gの軽さです。

f:id:lambdaty:20191208211402j:plain

形状もなだらかな凹凸があり耳にフィットしますね。
色んなイヤホンが「人間工学に基づいた形状」をうたってますが、その中でもSoundLiberty 77はいい線いっているのではないでしょうか。

f:id:lambdaty:20191208211427j:plain

また、IPX7(防塵防水対応規格)なので、万一ジョギング中に雨が降っても安心です!

B07W1F17WF

これらの理由から、毎朝ジョギングの時はSoundLiberty 77が欠かせません!

通勤はもちろんウォーキングなど日々の運動のお供にオススメのイヤホンです。

SoundLiberty 77 は繊細な音の表現に強い

イヤホンを選ぶ上で重要なのが「音質」です。

SoundLiberty 77はPEEK+PU製のハイブリッドドライバーを使っているそうですが…残念ながら材質について詳しいことは私はわかりません(スミマセン)

ただ、他のイヤホンと比較するとこんな印象を持ちました。

 ボーカルやクラシック楽器などの繊細な音に強い
 ロックなどの低音の再現はちょっと弱い
 付属のイヤーチップのフィット感で音が結構変わる(重要)

まぁ私の場合は普通にロックも聴いてますが、低音バキバキのサウンドを求める人にはちょっと物足りないかもしれません。

あと、3つ目「付属のイヤーチップ」の下りは結構重要です。これで結構音が変わります。

SoundLiberty 77には3種類のイヤーチップが付属してますので、是非自分の耳にあったものを選択してくださいね。

付属している複数のイヤーチップはスペアではないので、ちゃんと選びましょう!

丁寧なパッケージングやマニュアルに好感度◎

これは商品に直接関係ない部分ですが、SoundLiberty 77はパッケージデザインや梱包がすごく丁寧です。

f:id:lambdaty:20191208212028j:plain

やだ・・・シャレオツ・・・!

f:id:lambdaty:20191208212035j:plain

まるで高級チョコレートのようなオシャレなパッケージ演出に、TaoTronicsという企業のコダワリが感じられて、思わず「よいなぁ」と思いました。

あともう一つ好感度高いポイントが「日本語対応のマニュアル付属」です。

f:id:lambdaty:20191208212046j:plain

私の場合、マニュアルを見なくても接続や操作方法は大体カンでわかるのですが、初めてワイヤレスイヤホンを使う人はそうではありませんよね。

そんな時にしっかりとした日本語で書かれたマニュアルが入っていると安心出来ます

「ご購入日から12か月間+18か月間(製品登録後)の国内安心保証」をうたっている商品ですが、万一不具合が起こっても安心できる製品だと思いますね。ユーザーに優しい設計だと思いました。

SoundLiberty 77を使ってみた感想

すでに製品紹介の随所に結構書いてしまった感もありますが(笑)、SoundLiberty 77を使ってみた感想です。

f:id:lambdaty:20191208215417j:plain

SoundLiberty 77は音ももちろん良いんですが、軽量で快適なつけ心地や、機能美を感じるコンパクトなケースに目がいってしまいますね。

私は週に3日ほど走っているのですが、SoundLiberty 77を使いはじめてから、ジョギングがより楽しくなりました

また、MCSyncって技術もなにげに凄いです。

今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンは、耳につけたあとに「ピッ、ピッ」と左右の同期音が鳴っていたのですが、SoundLiberty 77はそれがないのは結構快適。

「えっ?これ繋がってるの?」って思うけどちゃんと繋がってます!

ケースの蓋をあけた時点でペアリングが開始されるのも時間短縮に繋がりますし、非常にかゆいとこに手が届く仕様のSoundLiberty 77はほんとにいいイヤホンです。

まとめ SoundLiberty 77は気持ちも軽くなる良質イヤホン!

今この記事もSoundLiberty 77で音楽を聴きながら書いてますが、あらためていいイヤホンだなと思いました。

軽いので付けていても疲れませんし、接続も安定しています。

基本的にイヤホンって通勤時の使用頻度が高いと思いますが、ケースもコンパクトで軽量なので、女性ユーザーにもとてもオススメ。

外出するときのお供にせずにはいられないSoundLiberty 77、あなたの音楽生活の幅がグーンと広げてくれますよ!