モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

「まんがでわかるデザイン思考(田村 大)」(感想/レビュー)

「まんがでわかるデザイン思考(田村 大)」を読んでみたよ

ども、ネコロスです。

今回は書評回ですよーー!!
題材は「まんがでわかるデザイン思考(田村 大)」です。


あらすじについてもざっと触れておくよ

主人公は全国に店舗を構えるチェーンカフェ企業の社員。
ある日、全店舗の中で最も売上が悪い店舗への異動を命じられます。

その店舗は立地もいいし料理も抜群。什器一つにも非常に拘ってます。
他の店舗と比べてもスペックは非常に高いのに、なぜかお客が来ない。

立て直しについて悩んでいたところに、謎の初老の紳士(実は大企業の元CEO)と出会います。
その紳士からデザイン思考なるものの手ほどきを受け、店にイノベーションを起こして行くのであった…

あらすじはこんな感じです。
まぁ、この手の本のストーリーって大体似通ってますよね(笑)

肝心なのは「デザイン思考」を習得する価値があるのかどうかです。
そこを踏まえつつ、ネタバレしない程度にレビューしていきます。

デザイン思考は人間中心のイノベーションを生み出すプロセス

デザイン思考の源流は建築設計の世界ですが、アメリカの企業「IDEO(アイディオ)」がその名を世界に広めました。

IDEOとはAPPLEの初期マウス作ったりiPadの製造に関わっていることでも知られ、「人間中心のイノベーション」をコンセプトに様々なプロダクトを世に打ち出してます。

しかし、なぜ、今デザイン思考なのでしょうか。

その解説の為には、「ロジカルシンキング(論理思考)」に触れる必要があります。

ロジカルシンキングはこれからは役に立たないよ

ロジカルシンキングとは、ある問題を整理して「最適解」を選別する技術です。

自己啓発の分野では随分流行りましたから、関連した書籍を目にされたこともあると思います。

一方、「デザイン思考」は現状の問題の本質を探って、全く新しい価値を創出する技術です。

ロジカルシンキングとはその性質の違いから対局に位置します。

料理に例えるならば、ロジカルシンキングは冷蔵庫の中に入っている食材を駆使して、もっとも美味しい料理を作るための技術

デザイン思考は、お客さんが本当に味わいたい「味覚」を考え、新しい料理を生み出す技術といったところでしょうか。

さて、ここで問題です。

貨幣制度や雇用のあり方等、様々な分野でパラダイムシフトが起こりつつある昨今。
どちらのスキルが需要があるでしょうか?

この問いを踏まえることで、「デザイン思考」の優位性を自ずとご理解いただけると思います。

一言でいうと、もう時代遅れのスキルですよロジシンは。

で、結局デザイン思考法ってどんなものなの?役に立つの?

さて、デザイン思考はどういった成り立ちの思考法なのか。
詳しくは書けませんが、骨子だけ書くと以下の通りです。

■プロセス
①着想
顧客の潜在的ニーズを見つける(そのために、顧客の観察を重視)

②発案
アイデアをモノやサービスに落とし込む

③実現
プロダクトやサービスを市場に送り込む

「①着想」のところにも書きましたが、デザイン思考では「観察」を非常に重視します。

観察することによってでしか、「顧客が五感で感じているけれども表現しきれていない」ニーズを発見することが出来ないからです。

これを象徴するよい表現がありましたので、以下に引用します。

30年前 外出時の電話について人々に要望を聞いたら「公衆電話の設置ポイントをもっと増やして欲しい」と言っただろう

200年前 より良い移動手段について人々に要望を聞いたら「もっと早い馬が欲しい」と言っただろう

未来を客に聞くのはやめた方がよい
客は自分の知っている現実と比較してしかモノを言わない

(「まんがでわかるデザイン思考」より抜粋)

このデザイン思考は、会社勤めの方や起業を志す方、アートをやっている方にも活きる概念だと思います。

漫画も非常に絵がキレイで読みやすいので、興味ある方は是非ご一読をオススメします!


/ネコロス