モエルライフ。

あなたの人生に炎を、お尻には火を灯す情報発信blog

動物達に学ぶ生存戦略…からのストレングス・ファインダー2.0

よく売れてるんでしょうか。
最近、動物雑学系の本が本屋さんの目立つところによく平積みになってます。


手にとってみると、よくもまぁこんなことを知ってるなあ・・・とニッチな内容に感心、もとい感動します。

可愛らしいイラストがなければ完全に学術書レベルかと。


私は動物が好きなのでついつい買ってしまうんですが、読むたびに思うのは「俺、動物のこと知ってるようで全然しらなかったなぁ・・・」ということです。


たとえば動物園のレギュラー中のレギュラー、キリン

f:id:lambdaty:20180615213131j:plain

いかにも華奢なビジュアルと乙女みたいに長いまつ毛が特徴的な動物ですが、
キリンの戦闘力ってめちゃくちゃ高いってご存知でしょうか。


身長5m、体重1tの巨体から繰り出される強烈なキックは、かの百獣の王ライオンを一撃で葬りさることもあります。


万一、野生のキリンに遭遇したら「通常種の巨人」に出くわしたと思って即座に逃げましょう。


他にもよく知っている動物の意外な生態として以下のようなものがあります。

・ゴリラは実は無茶苦茶優しい
・ライオンやトラは、実は狩りが結構苦手
・カピバラは本気を出したら時速50kmでも走れる


このLIFEという本はそんなエピソードが沢山紹介されており、しかも漫画が物凄く読みやすいのでオススメです。

根性と無鉄砲さはナンバーワン!ラーテルのように生きていきたい


皆さんが「獰猛な動物」と聞いて、一番最初に思い浮かべる動物は何でしょうか。


多くの方が”ライオン”や”トラ”の名前をあげるかと思いますが、実際のところ彼らはかなりの慎重派です。


f:id:lambdaty:20180615214011j:plain

むしろ見た目とは裏腹に、イタチ科の生き物のほうがよっぽど手に負えなかったりします。

やつらは「体格の差など気にしないぞ! ( `・ω・´)キリッ」と言わんばかりに、猛獣や人間にガンガン立ち向かいます。

そんなイタチ族の中でもSSS級にヤバイのが、ラーテルと呼ばれる動物。

f:id:lambdaty:20180615213509p:plain

ヤバさ加減を特攻の拓で例えると、間違いなく来栖 奈緒巳( 所属:極悪蝶 )です。
ヤバさの質がもう違うんです。

襲ってきたライオンにガンガン立ち向かうのは朝飯前、逆にライオンを襲って餌を強奪することもあります。
毒への耐性も強いため、コブラもラーテルには勝てません。

控えめにいっても、最強

あまりにも最強すぎるため、南アフリカの戦車の名前の由来にもなっているほどです。

ライオンよりも遥かに小さいのに、互角以上に戦う生き物が存在するという事実。
体格でいうとライオンのほうが3倍以上も利があるにも関わらず、一歩も引かない根性の塊、ラーテル

人の顔色を見て行動する現代人にとって、学ぶところの多い生き物だと思いますね。

我々はどうやって生き延びるべきか。それが問題だ

動物について知れば知るほど、「固有の強み」をもっていたからこそ今まで生存してこれたのだと実感します。
残るべくして残っており、例外はありません。

…これって我々にも言えることなんですよね。

生き延びていくためには自身のスキルを知り、それを最大限活用する術が必要。

でも、どうすればそれを知ることができるのでしょうか。

大きな助けとなるツールの一つがストレングス・ファインダー2.0です。

所要時間:30分程度のボリュームの質問に答えることで、34種類の資質のうちあなたにピッタリな資質のTOP5を教えてくれます。

どんなにライオンに憧れていたとしても、あなたがシマウマやアライグマだったとしたら、
ライオンを目指す努力の多くが徒労に終わるでしょう。

しかし、シマウマならシマウマ、アライグマならアライグマなりの生存戦略があるはずです。
自分の強みを知り戦略的に活用することは、個人の繁栄=幸せにも繋がってくるのではないでしょうか。

今回の記事でご紹介した「LIFE」と「ストレングス・ファインダー2.0」、とっても秀逸な本ですので、皆様も是非お手に取ってご覧くださいね。


/アザナ