モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

頭髪が気になる人の為のメンテナンスのテクニック&グッズ

Sponsored Link

f:id:lambdaty:20181217165027j:plain

ストレスや不規則な生活で、男性の頭皮のコンディションは乱れがちです。

髪を染めたり整髪料をガンガン付けたりしていたのも今や遠い昔。

朝起きてフと枕をみたら、ゾッとするような大量の抜け毛が・・・! なんて経験はありませんか?


30を過ぎたら頭皮のメンテナンスは男性の嗜みといっても過言ではありません。

あなたが健やかな頭皮を保つために必要なことをまとめてみました!

 

固い頭皮から髪の毛は育たない! しっかりほぐして血行を整えよう

現代人の頭皮はストレスや不規則な生活で固くなっている!

f:id:lambdaty:20181217180156j:plain
健康な頭皮を維持するために欠かせないのが「頭皮の血行促進」です。

髪は頭皮の毛細血管から栄養をとるため、血行が悪いと栄養が行き届かなくなり痩せていくんです。


現代人は仕事のストレスやデスクワークによる眼球の酷使で、顔の筋肉ひいては頭皮が固くなりがち。

ここをしっかりとほぐしてあげることが大事です。

頭皮をしっかりマッサージして血流を整えよう

f:id:lambdaty:20181217180206j:plain
簡単なマッサージを一つご紹介しますね。

親指と人指指で耳の中心をつかみ、横に引っ張った状態で前周り・後ろ周りを数回してあげましょう

これだけでも耳から頭皮までの筋肉が解れ、血行がよくなりますよ。


また、頭皮全体をしっかりマッサージをしてあげることが有効ですが、さじ加減が難しかったり、毎日やるのが大変だったりします。

そんな時は電動のヘッドマッサージャーを使うとよいですよ。

プロが手でほぐすような感覚を再現しているので、頭皮の血行促進だけではなくリラックス効果も得られます。

シャンプーは「合成界面活性剤」の入っていないものを選ぶ

シャンプ-選びのポイントは「何が入っていないか」

f:id:lambdaty:20181217180653j:plain
頭皮の血行を良くすることは基本ですが、次に頭皮の皮脂を適切な状態に保つことが大事です。

そのためにも大事なのがシャンプーです。

シャンプー選びのポイントは、「何の有効成分が入っているか」ではなく「何が入っていないか」です。

では入っていて欲しくない有害成分とはなんでしょうか。

スバリ、「合成界面活性剤」です。

合成界面活性剤は頭皮の大敵! 有効成分を根こそぎ破壊する!

f:id:lambdaty:20181217180936j:plain
合成界面活性剤が入っているシャンプーは食器用の洗剤のようなものです。

洗浄力が強すぎるため、あなたの皮脂や頭皮に住む善玉菌を根こそぎとってしまうんですよ。

そんなシャンプーを毎日毎日使っているとどうなるかは…考えるだに恐ろしいですよね。


そんな髪の毛の大敵、合成界面活性剤が入っていないシャンプーを見分けるには、成分に「ラウロイル○○」「ココイル○○」が含まれているかどうかを見るようにしましょう。

これらの表示があればアミノ酸系界面活性剤なので、頭皮への負担は少ないシャンプーといえます。

よいシャンプーはドラッグストアでは入手が困難

f:id:lambdaty:20181217181036j:plain
ちなみにドラッグストアなどでアミノ酸系シャンプーを探すのは、少々難しいかもしれません。

安いシャンプーで透き通っていないものは、成分を見るまでもなく合成界面活性剤を使用したものです。

インターネットで成分をしっかり吟味し、あなたに合いそうなシャンプーを探してくださいね。


ちなみにこのクアトロボタニコシャンプーは私も今使っているのですが、ノンシリコンなだけではなく、合成界面活性剤を使っていないシャンプーです。

レビューにもある通り泡立ちが少なめなのですが、それが逆に変なものを入れていない証拠

レモングラスとブラックペッパーで調合されたエキゾチックな香りはリラックス効果も高く、髪の毛を洗うのが毎回楽しみです。

頭皮の潤いは化粧水を使って保とう

f:id:lambdaty:20181217181401j:plain
シャンプーで必要最低限の汚れを落とした後は、しっかり保湿することが大事です。

乾燥すると頭皮は脂を分泌しようとするため、頭髪にいくべき栄養が消費されてしまいます

そうならないように、化粧水で潤いをプラスしてあげるとよいですよ。


オススメなのはこの商品、ザクローペリです。

ザクロには女性ホルモンに似た成分のエストロゲンが含まれており、薄毛の原因である男性ホルモンの分泌を押さえてくれる効果があるそうです。

そのザクロの成分を配合したザクローペリは、毛根まで染みわたることで発毛をサポートしてくれます。

髪を洗った後や、「ちょっと乾燥してきたかな?」という時に塗るとよいですね。

髪を合成する栄養素はサプリメントで適切に補う

f:id:lambdaty:20181217181647j:plain

亜鉛は髪の毛の成分を作る栄養素

さて、ここまでは身体の「外側」からのアプローチについて書きましたが、今度は「内側」からのアプローチです。

髪の毛の主成分はケラチンタンパク質ですが、その合成は亜鉛をとることによって促進されると言われています。


亜鉛は体内で合成することができませんので、食品から摂るしかありません。

いりごまやアーモンド、牡蛎や豚肉などにも亜鉛は含まれていますが、毎日コンスタンスにとるのは少々難しいですよね。

サプリメントなら手軽に取ることができるので、安心ですよ。

薄毛を抑える「ノコギリヤシ」とあわせて摂取がオススメ

また、5αリダクターゼという薄毛につながる酵素の働きを抑制する「ノコギリヤシ」とも相性が良いようです。

亜鉛とノコギリヤシをセットで摂取すると、育毛に期待できそうです!

飲む時は寝る前がいいようですよ。

※万一身体に異変を感じた場合はすぐに摂取をやめ、かかりつけの医院にご相談なさってください

さいごに

髪質が人によって違うように、薄毛の原因は人それぞれです。

いまはAGAといって治療方法も確立されてきてますが、いかんせん高額な費用がかかりますし、プロペシアは一度飲んだら飲み続けないと効果が持続しないとも言われています。

しかし、そのステージにいくまでに出来ることは沢山あると思います。

生活習慣をかえるだけで頭髪の悩みが改善したという例も沢山あります。


まずは無理なく出来ることから始めることが大事ですし、あまりにも気になるようであれば思い切って短髪にしてみるのも手です。

この記事が、あなたの頭皮が健やかになるためのお役に少しでも立てられることを願ってます!


ねころす