モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

ヒートテックで痒みが収まらないならメリノウールがおすすめです

私はヒートテックを着るとかなり痒くなります。

まぁ化学繊維の類いだからそんなもんだよね~と軽く考えていたのですが、Twitter上で呟いたら思いの外多くの方から賛同をいただき、驚きました。


中には、
「痒くなって、いつも内出血するぐらいかいてしまう」
「子供に発疹が出てきて、医者からストップがかかった」
という声も・・・。


うーん、もしかしてかなりヤバイんじゃないか・・・?

着続けても大丈夫なのかコレ

今日はヒートテックと肌の関係について考えてみたいと思います。

ヒートテックはこんなもので出来ている

ヒートテックの素材は、ポリエステル,アクリル,レーヨン, ポリウレタンの4つです。

ヒートテックもいくつかの種類がありますが、その違いはこの配合です。

それぞれの特徴をざっとまとめてみました。

ポリエステル・・・化学繊維(合成)。原材料は石油
 
アクリル・・・化学繊維(合成)。ウールに近い質感。原材料は石油
 
レーヨン・・・化学繊維(再生)。素材は木材パルプ
 
ポリウレタン・・・化学繊維(合成)。伸縮性の優れる。原材料はイソシアネート

(参考:日本化学繊維協会

うおっ・・・自然由来ってレーヨンだけじゃないか・・・(しかも再生素材)!

素材を調べただけで「肌に直接当ててはいけない」感がありますね。

ヒートテックが不安な理由① 汗をかくとかえって冷える

ヒートテックは「吸湿発熱繊維」というカテゴリーになります。

簡単に説明すると、体から発する水蒸気を利用して発熱させるという機能をもった繊維ということです。

発熱性や繊維強度を上げるために様々な化学繊維がブレンドされていますが、発熱(ヒート)のメインとなる素材は「レーヨン」です。

原材料が木材パルプの再生繊維でしたね。


実はレーヨンには致命的といえる欠点があります。

それは、水分を一定量吸収すると乾くのが遅いということです。


例えば代謝のよい子供が身につけるとどうなるでしょうか。

汗をかいた時に、ヒートテックのせいで「汗冷え」をおこし、返って体温が下がるという現象がおきてしまいます。

同様の理由から、冬にスポーツをする時に身につけるのもまったくオススメできません。

ヒートテックが不安な理由② 皮膚は露出した脳である、という事実

まぁこの「汗をかくと冷える」というのは割とよく知られたデメリットです。

単純に「直に肌に触れないように、一枚コットンのシャツを着ればいいよね」という考えもありますが、長袖のシャツでないと結局手足は直接触れることになります。


でも私の考える弊害はもっと大きなもので、「わけのわかんない素材を肌に当てて大丈夫?」というものです。

実は皮膚の感覚って、視覚や聴覚、嗅覚などの体性感覚と異なり、直接脳を刺激しているんです。


過去に九州大学の綿貫教授によるこんな実験が行われました。

・3歳から5歳の幼児に2種類の肌着を与える
・ひとつは市販の幼児用の肌着、もうひとつは25%柔らかい素材の肌着
・それぞれを着た幼児の唾液と尿を分析


その結果、市販の肌着(硬い肌着)を着たほうが免疫が低下することがわかったのです。

その他、自律神経の働きも乱したり、集中力の低下も見られました。

おもしろいのは、柔らかい肌着を着たほうが計算能力がわずかに向上していたそうです。

受験生のみんな!勝負のときは柔らかくて質の良い肌着を着るんだ!!


そしてもう一つ怖いところ。

肌着による刺激は10分程度で慣れてしまいますが、その刺激は着ている間ずっと脳に影響を与え続けているんです。

着て痒くなるような素材がどれだけ脳に余計な負荷を与えているかは・・・いうまでもないでしょう。


子供の「脳」は肌にある(山口創)」という書籍に面白い知見がのってますので、興味ある方は是非ご一読なさってみてください。


冬にオススメの最強肌着はメリノウール!

f:id:lambdaty:20190116070037j:plain

そうはいえども、ヒートテックは手軽なのでついつい買っちゃいますよね。

ヒートテックに代わる、暖かくかつ安全な肌着の素材はなんでしょうか。

答えは”メリノウール”です。

 


ウールといえば羊の毛ですが、セーターのようにチクチクする素材ですよね。

メリノウールはメリノ種から取れる上質なウールで繊維が細い(約18~19ミクロン)ため、着心地が良いのが特徴です。

夏はさらりとしており、冬は温かいので登山家にも愛されている素材なんです。


メリノウールのデメリットは「高価」「毛玉ができやすい」の2点ですが、暖かさと身に着けた時の心地よさはヒートテックの比ではありません。


導入コストはかかりますが数年単位で着れますし、トータルではコスパがよいのでオススメです。

ただ、子供用のメリノウールの肌着がないのが残念(あっても超高額)。

どこかのメーカーが製造してくれると本当に嬉しいのですが・・・

ヒートテックに何種類もあることに違和感

私は触覚過敏の傾向があるので、化学繊維素材の服や靴下を着用するとかなりの確率で痒くなります。

「化学繊維だからそういうもんだよね」と軽く思ってましたが、改めて調べると「痒い」だけの弊害でもなさそうで驚きました。


そもそもヒートテックは身につけるだけで暖かいはずなのに「普通・極暖・超極暖」とインフレを起こしているのもおかしいですよね

その姿勢が俺は気に食わねぇ。最初から暖かいもんだせや!!

・・・と言いたくもなるというもんです(笑)


これからますます寒くなりますので、寒がりでお肌の敏感なあなたにはメリノウール素材の肌着がオススメですよ!