モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

苦手だと超ヤバい…?!子どもの算数力を伸ばすべき理由

Sponsored Link

自分の子どもの学力で、「何を伸ばしてあげたらいいんだろう」って迷いませんか?

英語も必要だし、先々のことを考えると理系のほうが仕事も多そうだし・・・

結論からいうと、絶対伸ばしておきたい科目は数学です!

なぜなら、数学は人生における豊かさに直結するからです。

「えっ・・・でも、うちの子は算数苦手・・・」という方もご安心ください!

数学脳と国語脳をうまく結びつければ、スイスイ解けるようになりますよ!

 

数学力は人生の満足度や幸福度に直結している

f:id:lambdaty:20190325072939j:plain

子供の伸ばしてあげるべき学力が、なぜ英語ではなく算数(数学)なのか。

その根拠として、大変興味深いデータがあります。

これはアメリカのピーボディ大学が、数学の成績が優秀だった13歳の子供1650人を40年かけて追跡調査して判明した内容です。


  • 数学が得意だった子が大人になったら、人生における幸福度や満足度が高い
  • 平均年収が男性1500万円、女性900万円と高め
  • 25%~40%が博士号を取得
  • さらに1割程度が会社の重役や弁護士、大学者として社会で活躍中

 

40年の調査期間も凄いけど、結果も凄い・・・!

 
サンプルの子達は「算数がちょっと得意」というレベルではなく、「ずば抜けて数学が得意」というレベルなので注意が必要ですが、驚くべき結果です。

数学によって培われた「損得勘定のスピード」や、「仕組みを理解する力」によるリスク回避能力が、人生をラクにしてくれていると考えられます。

Point

✓損得勘定のスピードがあがれば、損な選択を回避できる!
✓仕組みを理解する力があがれば、人生のトラップにひっかからない!
✓これらの能力は数学(算数)で培うことが出来る!

 

算数が苦手な子は実は国語力の問題?!

「うちの子、算数苦手なのよね・・・」と考えている親御さんも多いと思います。

でも、そう決めつけるのは早計かもしれません。

もしかすると数学が苦手というより、「設問を読み解く力」が培われていない可能性が高いからです。

実は日本語と数学って相性が悪いんですよ。


そもそも数学の設問みたいに朴訥な日本語って、普通の書籍には出てきませんし、会話で使いませんからね。

逆に、「この設問は何を求めているのか」が明確にわかれば、答えを導きだすための「方向性」は見いだせるはずなんです。

「算数と国語を同時に伸ばすパズル」で算数も国語も伸ばそう!

では数学を伸ばすために国語を頑張ればよいかというと、それもなかなか難しいと思います。

じゃあどうすればいいんだよ・・・

 
答えは簡単、同時に鍛えればいいんです。

そんな都合いい教材があるわk・・・

 
4098377470

あったーーーー!!!!!

まさに、数学(算数)が伸び悩んでる子にオススメなのが、この「算数と国語を同時に伸ばすパズル 」です!


「算数と国語を同時に伸ばすパズル」は大人でもちょっと考える難易度

この 「算数と国語を同時に伸ばすパズル」は、入門編から始まり、初級編から中級編などたくさんの種類が出ています。

もともとは、「数学は得意だけど国語が苦手」な子供達向けに開発されたものですが、逆のパターンの子供にも有効です。


小学生向けですが大人でも一瞬考える難易度なので、一緒にお子さんと考える楽しさもあります。

内容的には数字をナンプレのように当てはめるものや、複数の条件から回答を導きだすようなもので、じっくり考えれば必ず解くことができます。

算数に苦手意識があるうちの子も、楽しそうにやってます!

 

親子で考えることで算数への苦手意識がなくなる

算数に限ったことではありませんが、親子で一緒になってやることは苦手意識の克服に重要です。

だからといってスパルタはダメだけどね


「でも私も算数苦手だし・・・」という親御さんも、これを読めば大丈夫です!

この本には、今の小学校で教えている「さくらんぼ算」も載ってますので、自分自身の理解を深めながら、お子さんの数学を見てあげる力が身につきますよ。
 

まとめ-基礎知力として数学力は鍛えておこう

数学は倫理思考を培うが、算数は単純計算だから役に立たないという意見があります。

それって「腕立てだけでは野球選手になれない」といっているようなもので、腕立て伏せは「絶対必要」なんですよ。


確かに計算結果が欲しいのであれば電卓で事足ります。

でも大事なのは計算した結果の数字ではなく、瞬時に損得の判断が出来る「思考」なんですよね。

安いものを買ったつもりが損ばかりしているような人に共通しているのは、数字力の低さです。


そういう意味でも、お子様はもちろん、大人もガッツリ数字脳を鍛えておくことが大事ですよ!

特に算数への苦手意識のあるお子様は、数字を好きになるために「パズル」から始めるのがオススメです!