モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

今すぐ始めよう!脳とメンタルに効く最強の運動!

Sponsored Link

ねころすです。

2018年の春に出た本一流の頭脳を先日読了しました!

4763136739

いかにも脳に良さそうなこの本の著者は、スウェーデンのカロリンスカ研究所(ノーベル生理学・医学賞の選定期間)に務める研究者の方。

中身を一言でいうと「脳を鍛えたかったら運動しなさい」ってこと。

以前に読んだこの本のタイトルとまんま同じなんですが(笑)、「やっぱりそうだよなぁ」といっそう確信が深まった感じです。

4140813539

運動しなきゃ!

でも、脳を鍛えるためにはどんな運動をすればいいんでしょうか?

今日はそんな疑問を解消します!

脳を鍛える最強の運動はランニング

f:id:lambdaty:20191111102330j:plain

結論からいうと、脳を鍛えるためにもっとも適した運動は「ランニング」です。

「なーんだ」って思わないでね!ちゃんと理由があるんです。

ウォーキングが脳にいいということはよく言われてますが、適切な量であればランニングのほうが受ける恩恵は大きいようなんです。

ここではランニングによるメリットをいくつか紹介していきます。

①ストレス耐性が上がる

私達が日常生活や会社などでストレスを感じると、動悸がしたり手が震えたりすることがあります。

なぜこういうことが起こるかというと、ストレスにより分泌されるホルモン「コルチゾール」に身体が反応するからなんです。

コルチゾールは心理的なストレスだけではなく、肉体的なストレスでも分泌されます。

つまりランニングのような負荷の高い運動を続けていれば、コルチゾールの分泌量が減少していく=「ストレス耐性が上がる」というわけです!

単に「走ることでストレス解消」というわけではないんだね!

②集中力がつく

運動をすることで分泌されるのはコルチゾールだけではありません。「ドーパミン」というホルモンも分泌されます。

ドーパミンは集中力に関わりのあるホルモンなのですが、運動をし終わったあとから分泌され、数時間その状態が続きます。

まさにゴールデンタイム!

過去に200人の子供を対象に行われた調査によると、学校のある日に1時間半の運動(心拍数を上げる遊び)をした子供は、集中力が改善されたそうです。とりわけADHD傾向の強い子供ほど大きな変化が見られたのだとか。

この実験の対象は子供でしたが、大人も心拍数をあげる運動をすることで、同じ恩恵に預かることが出来るのは言うまでもありません。

③記憶力が高まる

アメリカで120名の被験者を以下2つのグループにわけ、1年後の「海馬(記憶を司る、脳内の重要な機関)」の大きさを測定するという実験がありました。

 軽い運動をするグループ
 持久力系の運動をするグループ

その結果は驚くべきものでした。

「軽い運動をするグループ」は海馬が1.4%縮んでいたのに対し、「持久力系の運動をするグループ」はなんと2%も海馬が成長していたのです。

へぇー!これは凄い!

ちなみに「持久力系の運動」は何も特別なメニューではありません。週に3回、40分間、早足で歩くだけの運動です。

ただし、いくら「持久力系の運動」といっても、トライアスロンのような過酷な運動では「短期記憶を忘れやすくなる」ことも示唆されていますので注意が必要。

脳力を上げる目的の運動であれば、40分前後のランニングのように、「適度な負荷」というのがポイントのようです。

さあ、ランニングを始めよう!

f:id:lambdaty:20191111102621j:plain

ここまで読んでいただいたあなたは、ランニングに興味が出てきたのではないでしょうか。
(単純な私は、「一流の頭脳」を読みおえてすぐにランニングウェアをAmazonで注文しました)

▼結構しっかりしてていい感じでした
B07QGQBRRR

「私も走ってみたい!」そんな意欲的なあなたに、ランニングをするにあたってのTipsをここでお伝えします。

ランニングはどれぐらいの時間やればいい?

ランニングは長すぎると逆に短期記憶への影響が出たり、身体的な故障にも繋がります。

あくまで「脳」と「メンタル」を鍛える基準ですが、以下を目安にするとよいでしょう。

 最低20分、可能なら30~45分
 頻度は週に2,3回
 ベストな心拍数の目安としては220から年齢を引いた数の70~75%。

ただし、現在メンタルや心身に不安がある場合は無理は禁物です。

まずはウォーキングや速歩きから取り入れてみることをオススメします。

ランニングはいつやればいい?

ランニングをすることでドーパミンやノルアドレナリンなどの集中ホルモンが分泌されます。

その効果は数時間続くわけですが、夜にやるとその恩恵が十分に受けられないかもしれません。

朝ランニングをすれば、昼過ぎまで集中できるので、有意義な一日を過ごすことが出来ます!

というわけで、走るなら「朝」です!

ランニングに必要なものは?

ランニングに必要なものは「ランニングウェア(ジャージ)」と「ランニングシューズ」です。
あとは腕時計(心拍計があればベスト)や音楽プレーヤーでしょうか。

モエルライフといえばベアフットシューズですが、ベアフットランは特殊な走法になるので、いきなり初心者がやるには向きません。安くても構いませんので、ランニングには専用のシューズを買うようにしましょう。

▼靴を揃えると「走りたくなる」という心理効果も働いてGoodです!
B07PSG2NZJ

さあ、あなたも走り出そう!

さっそくランニングを始めた感想は「10分ってこんなに長いんだ…」というもの。お恥ずかしい話、かなり身体に錆が来ているのを感じました。

でも、30分を過ぎたあたりから脳がフワッと暖かくなってきて「おおおお!!キター!!」となり、結構楽しめました。

せっかく走るのですから、自分の住んでいる街の中をくまなく走ってみて制覇するのも楽しいかもしれませんね。

脂肪も燃焼出来るし脳やメンタルにも抜群のランニング。あなたも始めませんか?

▼あわせて読みたい記事