モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【レビュー WHITIN】アンダー3,000円!快適でフィット感抜群のベアフットシューズ

Sponsored Link

ネコロスです。

スニーカーといえば普段はMBTばかり履いているのですが、「BORN TO RUN」という本を最近読んでからというもの、ベアフット(裸足)熱が再燃してきております。

4140814144


この「BORN TO RUN」という本、読んだことのない方にはとてもオススメです。
これを読むと、NIKEの靴は履きたくないな…と思っちゃいますね。

読み物としてもめちゃめちゃおもしろいのですが、靴、ことスニーカーに関する考えが180度変わる本ですよ。
「ジョギングにそこまで興味無いんだけど……」という方ほど読んで欲しいですね。

▼Kindle Unlimitedなら「BORN TO RUN」が無料で読めます!


それはさておき、自然の中を散策する時などに薄底のベアフットシューズを履くと、「あぁ、やっぱりベアフットって、地面の感触がダイレクトに伝わっていいなぁ」と思います。

草を”シャリッ”と踏む感触や、土の”フカっ”とした柔らかさなどにはかなりの癒やし効果があると思いますが、厚底のスニーカーではとうてい味わうことができません。

・関連記事:>>バイオフィリアな生き方のススメ


ただ、私の愛用しているテスラのベアフットシューズも、そろそろ底が薄くなってきました(もともと薄いのですが)。
2年以上酷使してきましたので、流石に寿命でしょう。

・関連記事:>>ベアフットシューズのオススメはこれ!裸足感覚で歩いて脳力UP!


そこで、今回「WHITIN」というメーカーのベアフットシューズを新しく買ったというわけです。

B07VXN3GZM

これ、3,000円以内なのにめちゃめちゃしっかりした作りの靴です。
聞いたことないメーカーだったので少し不安だったのですが、どうやらアタリ靴だった模様。


なぜこのスニーカーを選んだのか、いくつかポイントもあるのですが、そこを踏まえて「WHITIN」のベアフットシューズをレビューしたいと思います!

WHITINは履き心地がよくしっかりとした作りのベアフットスニーカー


f:id:lambdaty:20200114001150j:plain

スニーカーに限ったことではありませんが、靴というのは実際に足を通してみないと履き心地はわかりません

有名なスポーツブランドであればABCマートとかスポーツデポなどでためし履きもできますが、ベアフット系のスニーカーを取り扱っている店舗は少ないと思います(私の身近では知りません)

なのでWEBの情報をもとに調べて、「よさそうだな」と思ったらえいやっと買ってみるしかないわけで、それでも「イメージと違った」というリスクはあるわけです。


今回「WHITIN」を選んだのはこの3つの理由からです。


 ワイドなつま先のベアフットシューズを履いてみたかった
 靴紐がないので着脱が楽そうだった
 ソール部分がしっかりしてそうに感じた


それぞれ、実際にどうだったかを確認していきたいと思います。

足の形状にあったワイドなつま先が心地よい!

WHITINのベアフットは、つま先がワイド(扇状)にひろがっています。ビルケンシュトックを彷彿とさせますよね。

f:id:lambdaty:20200114001204j:plain

これ、足をいれてみると想像以上にラクです。あまり慣れすぎると、他の靴を履くのが苦痛に感じるかもしれません。


ただ、ビブラムのベアフットのように、それぞれに足の指に対応した作りにはなっていないので、注意が必要です。

f:id:lambdaty:20200114001224j:plain

ソールを見る限り、いかにも対応してそうなんですが、あくまでデザイン上こうなっているという感じです。
まぁ3,000円程度の価格帯ですからね。

ただ、「なーんだ」とがっかりするのは早計です。

ワイドなつま先ってこんなにラクなのか!とびっくりしちゃいました

軽さでいうとテスラのほうが断然軽いのですが、WHITINを履いた後だと、つま先の窮屈感を感じてしまったぐらいです。

OFFの日に野山を散策するにはピッタリのスニーカーと言えるでしょう。


フィット感もまずまず。紐がないので解ける心配もゼロ!

WHITINは靴紐を結ぶ必要はなく、サイズはゴム紐と留め具で微調整することが出来ます。

f:id:lambdaty:20200114001301j:plain


また、足を通した後はマジックテープで足首をガチッと固定するため、高いフィット感が実現できています。
f:id:lambdaty:20200114001313j:plain


靴紐を結ぶのって地味に面倒ですし、気づかないうちに解けていた靴紐は踏んだりすると危ないですからね。
そういう意味では安心感はすごくあります。


ただ、急いで履く時はマジックテープがちょっとだけ煩わしく感じることがあります。
スニーカーって、多少のゆるさはあっても、紐をほどかずにスポッと履いたりすることが出来るのが利点ですから。


ちょっとしたつっかけやスリッパ感覚で履く靴ではないかなぁ…と思います。


しっかりとしたソールだから安心

ベアフットシューズはソール(靴底)が薄くてナンボみたいなところがありますが、WHITINはソール裏が思いのほかしっかりしています。

f:id:lambdaty:20200114001238j:plain

拇指球ぼしきゅう(親指のつけねのあたり)のところが厚くなっていたりと、「ベアフットラン」や「トレイルラン」を意識した作りになっています。
こいつでためしに走ってみたのですが、なかなかいい感じでした。


テスラはあまりに底が薄いため「これで走って本当に大丈夫なの?」という不安もありましたが、WHITINはソールがグリップが効いているので、多少ハードな使い方をしてもよさそうですね。


ただしソールが頑丈になっている分、テスラと比べると多少の重みはあります。

それでも普通のスニーカーとは比べ物にならないぐらい軽い(そして薄い)ので、「はじめてベアフットシューズを履いてみたい」という方にもオススメできますね


f:id:lambdaty:20200114001325j:plain

また、非常に目立ちにくいのですが、かかと部分に『反射材』が使用されてますので、夜道や早朝のまだ薄暗い時分の散歩にもオススメです。


中敷きを外してフィット感UP!

WHITINを買う時は、自分の足のサイズとジャストのものを選んだほうがよいみたいです。

万一「若干窮屈だな」と思っても、中敷きを外して調節することも可能です。

f:id:lambdaty:20200114001333j:plain


私の場合は、「できるだけ地面の感触を味わいたい」という考えから、あえて中敷きを外していますが、なかなかいい感じです。

f:id:lambdaty:20200114054221j:plain

石がごろごろある場所など、歩く場所によっては「ちょっと痛いな」と思うこともありますが、一方で指先の踏ん張りがきくので、ちょっとした山道を登ったりするのにはいいように思います。

デザインは可もなく不可もないオーソドックス系

私が購入したWHITINはほぼ真っ黒です。

写真だと若干コントラストがあるように感じますが、実際に履いてみるとほぼ黒。

スポーツウェアではそこそこ違和感ないとは思いますが、カジュアルには微妙(あくまで見た目的に)。
オフィスカジュアルには全く向きません。
「あの人、靴下で歩いてる?!」と思われそうな感じです(笑)


まぁそんなことを言い出すと、ビブラムのファイブフィンガーズなんてもっとビジネスでは履けないわけで、「TPO」を考えるとあまり関係ないのかなと思います。

B07YFQLWD2


このWHITINのデザイン、外にも色の組み合わせがありますので、カジュアルでも履きたいということであれば、そちらを選ぶのもオススメです。
「グレー」や、ソールだけ色違いの「ブラックガム」なんか結構かっこいいなと思いますね(そっちにすればよかった)

WHITINベアフットシューズまとめ

WHITINのベアフットシューズ、アンダー3,000円ということを考えると結構コスパはいいのでは?と思いました。

別の記事ではSAGUAROを結構推してたりするのですが、WHITINもなかなかいい感じです(結構似てますけど)。


ベアフットシューズに興味がある方や、「BORN TO RUN」を読んだ方にはオススメです(ただし私はトレイルランはしませんので、フィールドの耐久性は未検証です)。


尚、ベアフットシューズがワーキングメモリに有効ということは以前記事にもしておりますので、よかったらご覧になってくださいね。

・関連記事:>>ベアフットシューズのオススメはこれ!裸足感覚で歩いて脳力UP!


▼あわせて読みたい記事