モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【レビュー SAGUARO】足回り楽ちん!大人気のコスパ高ベアフットシューズ

Sponsored Link

ねころすです。

私のベアフットシューズ記事を見た方でよく購入されているのが、実は『SAGUARO』というブランドのシューズ。

B07SH5RT1G

お値段も手頃ですし、作りもしっかりしてそう。なによりスポーティーでかっこいいデザインなのが売れているポイントなのでしょう。

ベアフットシューズ好きとしては避けて通れない一足、それがSAGUARO

というわけで実際に買ってみました!レビューです!

非常にツボを押さえた作りのSAGUAROは足回りも楽ちんです!

f:id:lambdaty:20200202133457j:plain

SAGUARO、まずブランド名が読みづらいですよね。サグアロ?いいえ、サワロと呼ぶのが正しいようです。

サワロというのはアリゾナに自生するサボテンの名前なんでよね。
「過酷な環境を耐えるタフネスなつくり」をイメージさせるよいブランド名だと思います。

では、SAGUAROの作りをみていきましょう。


バックルとゴムでサイズ感を調節!

SAGUAROの靴は、靴紐ではなくゴムをバックルで調節するタイプなので、靴紐を結ぶ煩わしさがありません。

f:id:lambdaty:20200202135527j:plain


よく似たデザインの「WHITIN」のシューズは、さらにベルクロで足首を固定するタイプです。

SAGUAROはベルクロ部分がない分ホールド感は幾分か劣りますが、スリッポンのように着脱がラクというメリットもあります。


しっかりとしたソールだが地面の感触はきっちり味わえる

SAGUAROのソールはしっかりとした作りで、濡れた路面でもツルツル滑ることはなさそうです。

f:id:lambdaty:20200202134240j:plain


先端も指ごとにガードするような作りになっており、衝突のダメージを防いでくれるのは心強いですね。

f:id:lambdaty:20200202134249j:plain

ただし「ファイブフィンガーズ」のように指ごとに分かれているタイプではないので注意!


しっかりとした作りではありますが底自体は薄いので、地面の感覚を十分楽しむことができます。

「より地面の感触を楽しみたい」という方は、中敷きを外してはくのもオススメですよ。

f:id:lambdaty:20200202134301j:plain


通気性と伸縮性を備えた素材!

SAGUAROに使われている布は変則的な織りになっています。

これが、通気性と伸縮性をアップさせているのですね。

f:id:lambdaty:20200202141908j:plain


また、防水性はないものの速乾性に優れた素材になってますので、ウォータースポーツで履くことも可能なのだそうです。
(私はウォータースポーツはしませんが)


SAGUAROを実際に履いてみた感想!

f:id:lambdaty:20200202134310j:plain

SAGUAROを実際にはいてみた感想を一言でいうと「とっても楽」ということです。

足の指の形にあわせて先端がワイドになっている形状は、歩くにせよ走るにせよグリップが効いていい感じ


伸縮性が高いため、足にもすぐ馴染むのでは着心地もよく、地面の感触もしっかり足の裏に返してくれます。

うん、これはいいシューズだ!


あくまで個人的な考えですが、より薄底を選ぶなら「TESLA(テスラ)」、高いホールド感を求めるなら「SAGUARO」を選ぶとよいかなぁと思います。

B06XSSYPVX


SAGUARO まとめ

SAGUARO、売れているだけあって非常によいシューズでした。

街歩きだけでなく、ちょっとした山林などでも活躍してくれるシューズだと思います。


レビューを見ていると「ファイブフィンガーズから乗り換えたら、いい意味で裏切られた!」というコメントがいくつもありました。
本格的なベアフットシューズやトレイルランニングシューズを既にお持ちの方も、セカンドシューズとしてオススメです。


ちなみにサイズ感についてですが、私はジャストを選んだ上でソールを抜いてちょうどいい感じでした。
どういった穿き方をしたいかでサイズ選びは変わってきますが、ご参考までに。

以上ですたい!

▼あわせて読みたい記事!