/* あわせてよみたいの囲み */ /* 灰色の囲み */

モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

即効で疲労感をふっ飛ばす!超カンタンな方法は○○と触れ合うこと!

スポンサーリンク

よく仕事あがりに「疲れたからマッサージによって帰るわ」という人、いますよね。

でも、マッサージよりお金もかからないし手軽な方法があったら、知りたいと思いませんか?

先日見たDaiGoさんのYouTube動画「マッサージよりはるかに疲労感とストレスを回復させるもの」が、まさに今自分がやっていることとガッチリリンクしてたので、今日はその方法についてご紹介します!
 

最強の疲労回復方法は自然と触れ合うこと

f:id:lambdaty:20190505061239j:plain

もっともお手軽、かつ効果的に疲労を回復する方法とは一体何でしょうか。

それは「自然と触れ合うこと」です。

自然というのは森や川、海などを指しますが、幅広く「緑のある公園」でもOKですし、動物と触れ合うことも含まれます。


自然に足を運んでボーッとしたりお散歩をするだけで、お金もかからず手軽に疲労が回復するんです!

「自然との触れ合い効果」はどれぐらい凄いの?

f:id:lambdaty:20190505063419j:plain
「そりゃ自然と触れ合えば癒やされるのはわかるけどさ、そんなに凄いの?」って思いますよね。

結論から言うと、めっちゃ凄い


行動科学における「効果量(d値)」という値で表現すると、自然との触れ合いによる効果量はなんと0.71

値が0.5以上だと「効果アリ」といえるのですが、自然との触れ合いによる効果量はマッサージや瞑想の値よりも高いとのことですから驚きですね。

なんで自然はそんなに癒し効果が高いの?

f:id:lambdaty:20190505061852j:plain
自然の中だと子どもたちの集中力が2倍に高まったというデータもありますが、そのキーは「ホルモンバランス」にあります。

人間の行動や感情への影響が大きなホルモンが、自然と触れ合うことによって自然とバランスが取れるんですね。

どちらに偏りすぎても良くないんだ!

 

満足系ホルモン:ドーバミン オキシトシン
 
興奮系ホルモン:アドレナリン コルチゾール

 
ストレスによってこのホルモンバランスが崩れると、疲れやすくなる上、酒にはしったりジャンクなものを食べたりと悪しき習慣にリンクしやすくなるので要注意です。

本業が激務になったタイミングで散歩をし始めていた

f:id:lambdaty:20190505062640j:plain

こっから体験談です

私の勤務地の近くには池があるのですが、最近では休み時間になると必ず散歩しています。

なぜ散歩をしているのかというとほぼ無意識です。

すくなくとも、健康やダイエットを意識して始めたというわけではありません。


記憶を遡ると、どうも仕事が忙しくなり始めてから散歩をし始めたようなんです。

防衛本能が発動したんだねぇ


「せっかくの休み時間なのに、歩くと疲れそう」って思われそうですが、全くの逆です。

休憩室でダラダラ休んでいたほうが、休み時間明けがダルいんですよね。

現在の業務はかなりハードなものではありますが、休み時間の散歩がかなり効いているのではないかと思います。

疲労を感じるとき、そもそも人間の体はそこまで疲れていない

f:id:lambdaty:20190505062923j:plain
疲労を感じているとき、実際のところ肉体はそこまで疲労を感じていないそうです。

実は疲労の正体は、脳が肉体に対してかけているブレーキなんですね。

もちろんこのブレーキにもちゃんと役割あってのことなのですが、ストレスがMAXになると、脳がブレーキをかける間隔がどんどん短くなってしまいます。


疲れたときこそ「いやいや、脳さん!まだまだいけますよ!俺は!」という情報を脳にインプットすることが、結果的に疲労回復につながるというわけです。

とりあえず疲れたら自然の中を歩こう!

f:id:lambdaty:20190505063204j:plain
疲れた時に休むのは大事ですが、感じている疲労が「適切なものかどうか」は疑うべきです。

特にストレス圧が高い職場環境だと、脳が過剰にブレーキをかけている可能性もありますね。

そんなときは芝生のある公園にでかけたり川を散歩すると、想像以上に深い癒やしを感じることが出来るはずです。


また、仕事場の近くに自然や神社(鎮守の森は古代からの原生林)がある方は、恵まれた環境といえます。

休み時間や仕事帰りにでも小まめに立ち寄り、脳が勝手にブレーキを踏まないようにコントロールすることをオススメします!