モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【厳選】至極の「1巻完結」マンガ本5選!

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20190826221046j:plain
1巻で完結するマンガ本って大好きなんです。

なんというか、長編マンガとは違った「密度」が感じられるんですよね。

で、「1巻で完結するマンガ本」的なキーワードで検索してみたんですけど、「25選!」とか「50選!」とかそんなんばっかり。

…ちょっと多すぎ…。

たくさん読みたくないから1巻完結の漫画が好きなのに、
紹介する冊数が多いなんて本末顛倒です。

そんなわけで、私がオススメするのはたった「5冊」です。

でも、どれも面白いですよー!

①虫と歌 市川春子

4063106179

宝石の国」でおなじみに市川春子先生の短編集です。

なんというか、世界観やコマ割りが独特ですね。

「宝石の国」を読んだ方ならおわかりになるかと思いますが、
市川先生の漫画は、一コマ一コマに色んな描写が込められています。

文字だけを流し読みしてストーリーが掴めるような漫画ではありません。

どこかフランス映画のような、洒落た雰囲気があり、大変詩的。

私は「星の恋人」という、植物人間同士の恋の話が好きです。

秋の夜長にコーヒーでも飲みながら、心地よい世界観に浸りたい一冊

あ、あとこれは電子書籍より紙の本のほうがいいですね。
カバーがエンボス加工されていて、これまたとーってもオシャレです。

②惑星9の休日 町田 洋

4396460430

お次は「惑星9の休日」です。

町田先生も絵が独特ですね。

とにかく細い線で描かれる登場人物は、どこか90年代の小説の挿絵のようなタッチで逆に新鮮。

作画中の空間のとり方とか凄く心地よいんですよね。
細かいところですが「雲」の描き方とかとても好きです。

さて、肝心の中身ですが、ショートストーリーが8つ収録されてます。

どれも星新一を彷彿とさせるちょっと不思議なストーリーですね。

「衛星の夜」はムーピー的な女の子が出てきますが、手塚治虫の火の鳥からインスパイアされたのかな?
ちょっと切ない読了感のお話でした。

とにかく絵とストーリーの調和がここちよく、定期的に読み返したくなる漫画です。

③史群アル仙作品集 今日の漫画 史群アル仙

4904292553

現在は改名された「七野 ワビせん」先生の短編集です。

これはとにかく濃い!そしてどれも切ないです。

元はTwitterで発表していた1P漫画ですよね、多分。

この単行本では1P漫画とイラストが交互に掲載されており、ちょっとした画集のような感じです。

手塚治虫のようなタッチですが、読み終わった後のほろ苦い感じもまさに治虫チック

帯に書いてある「懐かしくて、かわいくて、切なくて、つらい。」は言い得て妙だと思いました。

かなりオススメの一冊です。

※「今日の漫画」には「2」も出てますが、続きものではないので1巻完結漫画としてカウントしてます。

④竜のかわいい7つの子 九井諒子

4047284084

ダンジョン飯」の漫画でおなじみ、九井諒子先生の短編集です。

もう、表紙からにぎやかで、面白そうな感じがしますよね

7つの短編集が収録されています。

SFから現代、中国が舞台の漫画など筆の幅広さに驚かされますね。
九井さんの頭の中はどうなってるのでしょうか…。

この本で私が一番好きな話は、「金なし白祿びゃくろくという話です。

主人公は白祿という名の孤高の画家のおじいさんの話なのですが、お話自体もとても秀逸で感動します。
また、「かぐや姫の物語」みたいに筆で書いたようなタッチがよい。

他の短編にも竜や人魚などモノノケも沢山出てくるので、妖怪や不思議な話がお好きな人は、きっと気に入っていただけるかと思います。

⑤夏がとまらない 藤岡拓太郎

490429274X
はい、ラストはギャグ漫画です。

9割近い話が、おっさんの変質者の話といっても過言ではありません。

クラスに1人はいませんでしたか?

絵はそこまでうまくないけど、めちゃめちゃ面白い漫画をかくやつ。
登場人物はハゲた社会の先生だったりして、これまた似てるもんだから面白い。

あのノリです。

490429274X

この方もTwitterで漫画を発表し始めて、評判になって書籍化にいたった実力派ですね。

むちゃくちゃ読み応えありますよ。

感動するような話は、はっきりいってありません。

しかし、読み終わったらもの凄く元気が出る漫画です!
大好き。

まとめ

ワンピースやキングダムのように大長編もののマンガも面白いのですが、「全50巻」とか続いていると「果たして全巻読めるだろうか・・・」と読む前から構えてしまいます。

その点、1巻完結だと気持ちもラクですし、ショートストーリー仕立てだと少しずつ読み進められるのが魅力です。

今回ご紹介したマンガは、「最近マンガを読んでないな」というアナタにこそオススメです!

仕事の出来る人間って、意外とマンガ読んでたりするんですよね。

感性の潤滑油でもあるマンガを、あなたも是非読んでみてくださいね!