モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【便利】折りたたみキーボード+スマホでノーパソ不要!どこでもライティング!

f:id:lambdaty:20181022065410j:plain

外出先のカフェでノートパソコンを使ってカチャカチャやってる人、いますよね。

(こんなところで仕事かよ。意識高ぇなぁ・・・)と思いつつも、ちょっとうらやましくも思ったり。


私は外出先でPCを使うような職業ではないのですが、「今、ブログの記事を書きたいなぁ」と出先で思うことはよくあります。

また、自宅のリビングでちょっとだけ作業をしたいのだけれど、「PCを部屋から持ってくるのは面倒だなぁ」と思うこともしばしば。


そんな時に、スマホやタブレットに折りたたみ式キーボードを組み合わせると、すーーんごく便利なんです!

 

 

ノートPCよりも利点アリ!「スマホ+折りたたみ式キーボード」

「スマホ+折りたたみ式キーボード」って、ノートPCを買えない人の代替案ではありません。

むしろこういう人はノートPCよりも向いてます

  • 作業量がノートPCを使ってガッツリやるほどではない
  • ノートPCを持ち運ぶのが面倒くさい(でも普段から持ち歩きたい)
  • 基本的に文章さえ打てればOK!


「スマホ+折りたたみ式キーボード」の利点は、なんといってもノートPCよりも機動力が高いこと、この一点に尽きます。

ただしマウスを使うわけではありませんので、画像加工の作業には向きません。

あくまで「スマホのワープロ化」といったイメージになります。

折りたたみキーボードならiCleverの「IC-BK03」がいいよ!

さて、「スマホ+折りたたみ式キーボード」の利点がわかったところで、どんなキーボードがベストなのでしょうか。

いくら軽くても持ち運びやすくても、キーボードとして打ち辛いようでは使えませんよね。


そこでオススメなのが、iCleverの「IC-BK03」

何をかくそう私もこれを愛用してるんですが、何人かの知人にも勧めたところかなり好評でした。

なのであなたにも自信をもってオススメできる逸品なんです!

IC-BK03はメチャ軽! その重量、なんとコーヒー缶1本分!

IC-BK03アルミ製のボディなので耐久性に優れています。

故に一見重たそうなのですが、見た目に反してその重量はわずか181グラム

これ、身近なものに例えると缶コーヒーのショート缶1本分程度の重さなんですよね。


ちなみにノートPC全体の平均が1.5kg軽いものでも1.25kg程あります。

女性が普段から持ち歩くには少々重たいノートPCですが、缶コーヒー1缶程度の折りたたみキーボードなら大丈夫ですよね!

IC-BK03はコンパクトに収まるから、小さなショルダーにも入る!

IC-BK03の幅は約25cm。

この画像を見ていただきたいのですが、小さめのノートPCのキーボードに近い大きさです。

f:id:lambdaty:20190209220828j:plain


また、キーもひとつずつX足で取り付けられてますので、タイピング感もノートPCのキーボードと遜色ありません
(電卓みたいなタイピング感だと、さすがに使う気しませんし・・・)


さらに折りたたんだときは、幅も厚みも文庫本サイズと非常にコンパクト。

f:id:lambdaty:20190209220819j:plain

このサイズ感なら、スマホやお財布と一緒にいつものカバンに入れて外出できますよ!

IC-BK03は機械に疎い人でもラクラク接続!

ガジェットに疎い方は、「スマホにキーボードってなんだか設定が面倒くさそう・・・」と不安になりますよね。

でも、安心してください。

IC-BK03はあなたのスマホにBluetoothで接続するのですが、接続設定(ペアリング)も非常に簡単なので、使えるようになるまで5分もかかりません。
 

【手順(Android端末の場合)】
「FN+C」でキーボードのBluetoothをONにして、スマホやタブレット側で「iClever IC-BK03 Keyboard」を選んだらペアリング完了。

 
たったこれだけですぐ使えるようになりますよ。


あと、気になるのは充電のスタミナですよね。

IC-BK03フル充電で最大90時間も稼働します。

また、キーボード開閉で電源がON/OFFになる設計仕様なので、電源の切り忘れによる充電切れが起きにくいのも嬉しい仕様です。

画家がスケッチブックと画材を持ち歩くように、スマホとキーボードを持ち歩こう

f:id:lambdaty:20190210013238j:plain
画家はインスピレーションが湧いたとき、バッとスケッチブックを広げてそれをとどめます。

あなたがもしブロガーやライターなら、「これだ!」と思った瞬間に文章に残したいものです。


悲しかったこと、うれしかったこと、今すぐ誰かに伝えたいこと。

日々たくさんの想いが私達の頭をよぎり、通りすぎていきます。


あなたが今、一番伝えたいことは何ですか?


時間の経過であなたの”大事な想い”が色褪せないように、IC-BK03は強力にサポートしてくれますよ!



《あわせて読みたい!》

www.azanael.net