モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

重い毛布(加重ブランケット)で睡眠が劇的に改善したよって話

Sponsored Link

ニトリが取り扱いを始めたことから、ネットで話題にもなった「重い毛布」こと加重ブランケット。

B07GH8XJ8H
(※これはニトリのものではありません)

結構人気があるらしく、かなり欠品が続いているようですね。

「実際のところどうなの?」と思っている方もいるかと思いますが、1年近く使い続けている私にとっては、もはや手放せないアイテムになっています

ホントにいいアイテムです!


ですが、ニトリの重い毛布は「約4.55kg」らしいので、「ちょっと軽いのでは?」と個人的には思っています。

本当に睡眠の質を高めたいのであれば、量販店ですぐ手に入るものではなく、重量も適正なものを選ぶべきです。

今回、重い毛布の効能や選び方、そして「実際に私が購入してみた感想をお伝えしますので、気になっている方には役立つ情報が満載ですよ!

重い毛布とは

重い毛布こと加重ブランケットとは、その字が表すとおり、重さを加え増されたブランケットです。

コットンだけだと数kgの重量は出せませんので、細かい粒状のプラスチックやガラス等を充填しています。

「ウェイトブランケット」「チェーンブランケット」とも呼ばれます!

「そんなに重たいと、寝返りも打ちにくそうだし。逆に苦しいんじゃないの?」と思ってしまいそうですよね。

ところが、実際のところ『加重ブランケットを使うと安心感が増し、睡眠の質があがる』と言われているんです。

ある研究では、加重ブランケットを使った32人のうち63%が「不安が減った」という結果も出ています。

加重ブランケットで睡眠の質があがるという実験結果が!

加重ブランケットは、いくつかの実験によって「睡眠の質があがる」ことが示唆されています。

例えばスウェーデンのSleep Research Laboratoryが発表した「不眠症に対する加重毛布の効果」によると、慢性的な不眠症を訴える20〜66歳の被験者に2週間ほど加重毛布を使用させたところ、以下のようなポジティブな結果が得られました。

 
睡眠時間が長くなり、睡眠中の動きが減った
眠りに入りやすくなり、目覚めた後にリフレッシュされたと感じた
(加重ブランケットにより)触覚情報が変わったことによって睡眠に影響が出たと考えられる


また、歯の治療の時にブランケットの重みを変えることで、心拍数に対し有意な結果が確認された実験もあります。

なぜ加重ブランケットで睡眠の質が上がるのか

なぜ加重ブランケットで睡眠の質があがるのでしょうか。

おそらく全身に適切な重量が加わることでマッサージ効果が生まれ、ストレスホルモンである「コルチゾール」が減少し、さらに幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促進されるのではと思われます。


また、圧迫が心理的にプラスに働くということを、動物学者であるテンプル・グランディンが開発したテンプルマシンも示唆しています。

テンプル・グランディンという方は「火星の人類学者」という本に出てくる自閉症の天才的な技術者ですが、自身も安堵感を得るために、自分を挟み込む大掛かりな機械を開発して愛用していたそうです。

「ハグ」にはセロトニンの分泌を促進する効果があるそうですが、それに近い状態がテンプルマシンや加重ブランケットで作り出されるのかもしれません。

▼詳しいエピソードはこの本で登場します。オススメ!
415050251X

加重ブランケットを実際に使ってみた感想!

私が実際に加重ブランケットを使ってみた感想です。

適正重量の計算式「自分の体重✕10%+1Kg」に基づき、Amazonで7kgのものを買いました。

B07GH8XJ8H

みためはコンパクトだけどずっしり7kg!

で、実際に届いたのがこれ。パッと見、ずいぶんコンパクトです。

f:id:lambdaty:20190208151721j:plain

でも、量ってみるとしっかり7Kg(※若干超えているのはケース込みのため)。配達員の方、中身がなんだか気になっただろうなぁ…。

f:id:lambdaty:20190208151733j:plain

ベッドに敷くとこんな感じです。見た目は普通ですね。

f:id:lambdaty:20190208151758j:plain

そして、潜ってみた図です。

結構ずっしりしてますが、7kgの重量は全身に分散されますので、動けないほどではありません。足の形にそって重量がかかっているのがおわかりいただけるかと思います。

どっかの国のミイラみたいですねぇ。

f:id:lambdaty:20190208151831j:plain

潜った瞬間に、異常な安堵感に襲われる…!

試しに全身を加重ブランケットにすっぽり潜らせてみたところ、なんともいえない安堵感に包まれました。

体の自由は利きにくいはずなのに、それがかえって心地よいというか、ちょっと言葉でうまく表現出来ない不思議な感覚です。

あれれ…まだ19時で寝る時間じゃないよ…?ブログ書か…なきゃ…

(3分後)

(スヤァ…)

大げさでもなんでもなく、そのまま少し寝てしまいました。

やっべ!寝ちまった!

その後に起きて、改めて加重ブランケットを使用して寝たのですが、予想どおり熟睡。寝起きもかなり爽快で、想像以上の威力に驚きました。

加重ブランケットを買いたい方の注意点

さて、ここから「私も加重ブランケットを使ってみたい!」という方への注意点をあげます。

是非参考にしてくださいね。

加重ブランケットの重さの選び方は?

加重ブランケットは様々な重量のものがあります。

あくまで目安ですが、「自分の体重✕10%+1Kg」のものを選ぶとよいでしょう。
例えば60kg台の男性だと7kgのブランケット、ということになります。

加重ブランケットは洗える?

加重ブランケットは基本的に洗えません。

なので、どうしても気になる方はカバーをつけたり、薄いブランケットの上から羽織る使い方になります。

また、若干お値段はあがりますが、専用カバー付きのものもありますのでご参考までに。

B07P81S2FX

加重ブランケットは安全か?

加重ブランケットは重たいのは重たいのですが、寝返りを打てない程の重さではありません。

仮に火災が起きたとしても、布団から出れずに危険な目にあうようなことは考えらえませんのでご安心を。

ただ、畳んで片付ける時だけは重たさを感じます。腕力の弱い女性は若干ストレスを感じるかもしれません。

ベッドの方だと整えるだけでいいから大丈夫ですね!

加重ブランケットまとめ

加重ブランケット、元々海外ではASDやADHDの方の安眠グッズとしてポピュラーなものだそうです。

なので、不安傾向がある方や、発達凸凹の自覚がある方は効果を実感しやすいと思います。

お値段は5,000~10,000円前後と少しお高いですが、私は全然安い買い物と思いました。というかもう手放せないアイテムになってます。
・参考記事:>>【愛用5ヶ月目】加重ブランケットがいよいよ手放せなくなってきた話


また、加重ブランケットとあわせて「マグネシウムオイル」を併用するのも大変オススメ。
ふくらはぎとか胸の中心に塗り込んで寝ると、寝起きの爽快さが違いました。
・参考記事:>>マグネシウムオイルで睡眠の質を上げる!効能と使い方


ほとんどの人が未体験であろう、重い毛布によって訪れる安眠…。
ぜひあなたも体験してみてください!


▼あわせて読みたい