モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

美味しくて安くて健康にいい!ハイコスパのオススメ飲料習慣!

Sponsored Link

ねころすです。

会社勤めの方って、ついつい缶コーヒー買っちゃいませんか?
私の場合、1日に500mlを2本消費してますので、月換算だと5,000円を軽く超える出費です。

しかも対して美味しくないんだよね…

そんな私ですが、実は最近ある飲み物にハマっています。

その飲み物は

美味しい!
安い!
健康にいい!

の3拍子揃ったスグレモノ。

「でも初期投資がかかるんでしょ?」と思ったアナタ。いーえいえそんなことはありません。

気になるあなたは是非この記事を読んでくださいね!

強コスパ飲料!ホットウーロン茶

f:id:lambdaty:20191102111551j:plain

私が今ハマっているのは、「ホットウーロン茶」です。

作り方は簡単で、茶葉をフィルター付きのタンブラー(あるいは水筒)にポイッといれてお湯を注ぐだけ。

たったこれだけで美味しくて本格的なウーロン茶が楽しめるんです。しかも一度茶葉をいれると3~4杯は楽しめるので本当にお得。

これを飲み始めてコーヒー買う機会が激減しました!

ホットウーロン茶は美味しい!

ウーロン茶というとほとんどの方が冷えたウーロン茶を想像すると思いますが、ホットで飲むウーロン茶はとてもサッパリしていて「身体にいいもの飲んでるなぁ」と思える後味です。

特に肌寒くなるこれからの季節には重宝しそうですよね。

ウーロン茶とひとえにいっても色んな種類がありますので、何種類か揃えて、気分によって日替わりで楽しむのもよいと思います。

ここでは「Mug&Pot社」の製品で、私が気に入った商品を3つご紹介します。

凍頂烏龍茶

B07534QNHX
凍頂烏龍茶とうちょううーろんちゃは台湾を代表する烏龍茶で、緑茶に近いサッパリとした飲み口が特徴です。

人によって「薄い」という感想もありますが、私個人的にはサッパリとした味なので結構好きです。

花粉症への効能があるとも言われていますので、シーズンにオフィスで飲むのはアリですね。

東方美人茶

B0753B6LF4
東方美人茶とうほうびじんちゃ、名前からしてエキゾチックですよね。

「飲むと美人になるから東方美人茶」というネーミングがついた…といいたいところですが、実際は19世紀のイギリスの貴族がその豊かな香りから「オリエンタル・ビューティー」と読んだことが由来です。

香りをよく紅茶に例えられますが、私もそう感じます。フルーティーで味もわかりやすいので、一度飲むと絶対好きになるウーロン茶です!

黒茶烏龍茶

B0753B6LFJ

黒茶烏龍茶は、黒茶(プーアル茶)とウーロン茶、そして決明子ケツメイシをブレンドしたものです。

色も濃く、ガツンとした味は「これぞウーロン茶!」という飲み口です。ダイエット効果も期待出来るので、普段から飲むにはオススメの銘柄です!

ホットウーロン茶は安い!

ホットウーロン茶はコスパがいいです。家や会社で飲む場合、マグカップと茶葉(※ティーバックタイプのみ)があれば楽しむことが出来ます。

ティーバック1つで1日分楽しめますし、コストにすると数十円。缶コーヒーより容量も多くて断然安いのが魅力。

月5,000円ぐらいの缶コーヒー出費が、1,000円以内に!

ちなみに、もし会社で飲む場合は、フィルタ付きの水筒やタンブラーを使うのがオススメです。これがあると職場や休憩室の移動も容易ですし、休日には外出先で楽しむことが出来るからです!

▼参考までに良さそうなフィルタ付きの水筒をご紹介しておきます
B07XHSY31B

ホットウーロン茶は健康にいい!

ウーロン茶は銘柄やブレンドによって効能は様々ですが、ポリフェノールによる抗酸化作用と利尿による解毒作用がよく知られたところです。

また、カフェインもコーヒーほどではないにせよ含まれてますので、覚醒作用も期待できます。

ちなみに烏龍茶に限った話ではありませんが、飲みすぎはよくありません。美味しいのでついつい飲みたくなってしまいますが、多くても800ml(コップ3杯ぐらい目安)ぐらいまでに抑えておきましょう。

ホットウーロン茶まとめ

ホットウーロン茶を飲みはじめて、なんとなく代謝が上がってきたような実感があります。

そして不思議とコーヒーが飲みたくなくなって来たんですよね。

コーヒーなしでは生きられないと思っていたのに!

もちろんコーヒーはコーヒーの良さがありますが、どうせ飲むなら缶コーヒーではなく美味しいコーヒーを飲みたいところ。

惰性で毎日缶コーヒーを飲むぐらいなら、ホットウーロン茶にかえると身体にも心にもお財布にもやさしくてオススメですよ!

以上ですたい!

▼あわせて読みたい記事