モエルライフ。

タフに時代を生き抜く為の「自分Hack」blog

【無料】プログラミング教室を検討中なら、まずはViscuitとScratchをやってみよう!

スポンサーリンク

f:id:lambdaty:20190419045734j:plain
いよいよ2020年より小学校で導入されるというプログラミング教育

「プログラミング言語」の指導ではないことは理解しているのですが、今ひとつ何をやるのかしっくりきません。


気になって「文部科学省 プログラミング」で検索してみたところ、「プログラミン」という文部科学省関連のサイトがHITしました。

おそらくこれを使って「プログラミング言語を使わないプログラミング」を指導するのだろうと思われます。


で、ちょっと触ってみてわかりました。

なーーんだこれスクラッチじゃん


どうも「プログラミン」は、児童向けプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」がベースになっているみたいなんです!



 

Scratch(スクラッチ)とはこんな言語

Scratch(スクラッチ)とは、MITメディアラボの開発した児童向けプログラミング言語です。

フリーで公開されているので、パソコンやタブレットがあれば誰でも使うことができます!


キャラクターにプログラミングで命を吹き込むScratch(スクラッチ)

Scratchでは、予め用意されたキャラクターにいろんな動きをさせることで、プログラミングの概念を学ぶことができます。

たくさんのキャラクターや背景が用意されていて、配置するだけでもワクワクするよ!

もちろん操作も簡単です。

「右に進む」「下に進む」というようなコードがひとつずつアイコン化されており、それをブロックのように繋げていくイメージです。

自分の思っている動きをコードの組み合わせによって実現させることで、プログラミング思考の養成が期待できます。

Scratch(スクラッチ)を学習するためには?

Scratch自体はフリーで利用することができますが、感覚的にさわれるというものでもありません

実際に触ってみたらわかるけど、大人でも難しいです


でも、それは操作方法を知らないだけで、一度理解さえしてしまえば、ゲーム感覚で進めていくことができます

操作方法をマスターするためには、教本があれば十分。

何冊か教本もでていますが、一番やさしいこの教本なら、年長さんのお子さんにピッタリです!

4822297616

Viscuit(ビスケット)が個人的にはオススメ!

Scratchは非常に優秀なプログラミング言語ですが、私が個人的にオススメするのは「Viscuit(ビスケット)」という言語です。

これもまたフリーで公開されているので、誰でも触ることができるんですよ!

Viscuit(ビスケット)で粘土遊びのように直感・感覚的にプラグラミング思考を育もう

ScratchとViscuitは、目指すゴールは同じでも設計がかなり違います

たとえば、Scratchの場合あらかじめ動かすべきキャラクターが用意されてますが、Viscuitの場合はまったく用意されてません。

Viscuitは、動かすキャラクターを描くところからスタートするんです。

これが創作意欲を刺激するんだよ!


また、Scratchはキャラクターを動かすコードを繋げていくのですが、Viscuitの場合は「こうなったらこうなる」という条件を組み合わせていきます。

いわばコード(命令)から自分で作っていくイメージです。

「粘土遊びのようにコンピューターを触ろう」という思想には、大変共感がもてます!

Viscuit(ビスケット)を学習するためには?

ViscuitもScratchと同様、教本がないと無理です。

ですが、教本一冊あれば親子で楽しみながらマスターできますので、費用対効果は激しく高いと言えます。

4798143057

なんとこの一冊で、シューティングゲームまで作れるんだ!!

ちょっと独特の操作感はありますが、基本操作さえマスターしたら後は「発想」次第でどうにでもなるのが魅力です。

ScratchとViscuit、どっちがいいの?

ScratchとViscuit、別に対立しているわけでもないのですが、かなり毛色が違うのでどちらをさせるか迷いますよね。

ズバリ、

幼稚園児や小学校低学年から始めるならViscuit
小学校中学年から始めるならScratch

です!
 
その理由は、単純に操作の難易度の違いによります。
 

Viscuitは操作が圧倒的に単純ですし、なにより「自分の描いた絵が動く」という喜びが大きいです。

なので幼児や小学校低学年にピッタリ。


一方、Scratchのほうが操作は難しい反面、より細かいところまで指定することができます。

Viscuitが「粘土をこめる」イメージなら、Scratchは「アニメやゲームを作る」という感覚に近いのではないでしょうか。

子どもをプログラミング教室にいかせようか迷ってるなら・・・

小学校の教育要項にプログラミング学習が組み込まれたことを受け、プログラミング教室もよく見かけるようになりました。

「うちの子もいかせたほうがいいのかしら・・・」って思ってる親御さんもいると思います。


プログラミング教室についてざっと調べてみると、月謝や教材費がなかなか高額なことに驚きます。

価格の幅はかなり広いですが、月謝だけで1万円を超えるところなんてザラ。

でもさぁ、プログラマーにでもならせない限り、行かせる意味なくね?


そもそも小学校で指導するプログラミングが「プログラミング言語」ではないことは明確ですし、初期投資が教本程度で済む「ViscuitとScratch」を知ったら、プログラミング教室に行く必要性は全く感じません


教室ではロボットを操作する楽しみ等もはあると思いますが、お金だけでなく貴重なお子さまの時間も費やすわけです。

「プログラミング教室という選択は本質的かどうか」はしっかり見極めたいところですよね


子どもがプログラミング思考を養うために最適な教材、ViscuitとScratchをまずはご家庭でやってみることを私はおすすめします!